teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご無沙汰してます

 投稿者:yasu  投稿日:2011年 4月 9日(土)16時37分55秒
返信・引用
  東北関東大震災の影響は大丈夫ですか?
こちらは大谷石の塀が倒れたりと大変です×o×

市内でも被害多い地域みたいです

早いもので来月は足尾祭りですね
開催するのかな?
桜見ごろなうれしいのですが桜
 
 

Re: 謹賀新年

 投稿者:ミケ  投稿日:2011年 1月 4日(火)10時26分45秒
返信・引用
  > No.133[元記事へ]

はせけい様
新年明けましておめでとうございます。早々にご挨拶をいただいたのに見るのが
遅れてしまい申し訳ございません。
今年もはせけい様にとって、また足尾にとってよい一年になりますように
お祈り申し上げます。
あまり更新の無い掲示板ですが足尾からニュースを頂いて何とか形になっております。
今年も相変わらずですがどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

謹賀新年

 投稿者:はせけい  投稿日:2011年 1月 1日(土)00時30分56秒
返信・引用
  本年もよろしくお願い致します。

今年も頭の中は「足尾」一色。

今も「足尾」の資料を読み返していたところです。

一回は「足尾」でお正月を迎えてみたいものです。

 

「足尾のガソリンカー完全復元記念」開催のお知らせ

 投稿者:ミケ  投稿日:2010年11月16日(火)09時26分27秒
返信・引用
  お世話になっております。岡本憲之です。

NPO足尾歴史館より緊急告知を受けましたので、各方面にご連絡申し上げます。
告知にご協力頂ければ幸いです

--------------------------------------------------------------------
「足尾のガソリンカー完全復元記念」開催のお知らせ

昨年、復元されましたアメリカ・フォード社のエンジンを搭載したガソリンカーに引き続き、いよいよ、当時の旅客用客車の復元が完了し、これにて“足尾のガソリンカー”の完全
なる復元作業が完成しました。このたび、ささやかながら、この「復元された客車」の試乗
会を開催いたしますので、 皆さま方のお越しをお待ち申し上げます。

【開催場所】
足尾歴史館 野外展示場(足尾ガソリン軌道・歴史館線)

【開催日】
平成22年11月21日(日曜日)

【開催時間】
10:00~16:00

【交通】
わたらせ渓谷鐵道「通洞駅」下車徒歩3分
JR日光駅・東武日光駅と通洞駅間の日光市営バスもあります。
(1日4往復、片道約40分要問合TEL:0288-93-3113市民課)

【乗車料】
ガソリンカーの乗車は無料です。
※足尾歴史館の入館は有料となります。

※お願い※
駐車場は限られています。わたらせ渓谷鐵道か日光市営バスをご利用ください。

◇お問合せ◇
NPO法人 足尾歴史館
〒321-1523
栃木県日光市足尾町松原2825
TEL/FAX: 0288-93-0189
ホームページ:http://ashiorekishikan.com
--------------------------------------------------------------------
●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
岡本憲之
E-mail:senro@rail.nifty.jp
●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
 

足尾の松木渓谷散策。

 投稿者:ミケ  投稿日:2010年 7月31日(土)09時49分42秒
返信・引用
  何年ぶりくらいになるでしょうか、足尾の松木渓谷に行って見ました。入り口のゲートが閉められる前は道は悪いながらも上の墓地までは入れました。が、今は関係者の車以外は通行禁止になっているので歩かなければなりません。でも道路は舗装されているところが多く、自転車でも走れそうです。ゲート脇に「歩行者はこちらへ・・」と久蔵沢の方へ誘導されていますが私は上の墓地まで行きたいので前に見えている山の向こう側(松木沢)に回りこんで行きます。仁田元沢に架かった送水管も崩れずにまだありました。松木沢は登る道に砂利採取の会社や植樹の枝道や砂防工事のスーパーキャリー、カラミの山、などなどが展開されます。こんなに多かったのかと驚くほど続いているカラミの山に向かって中の墓地、少し登ると開けた場所に屋敷稲荷、そして雨量計の立っているところに上の墓地、と昔のままに残っていました。あたりは昔に比べて植樹の効果があって緑が随分多くなっています。左のグランドキャニオンに例えられる山もかなり穏やかに見えて、道にはシカの足跡がたくさん残っていました。上から下ってこられた方が「対岸にカモシカがいますよ、ほらあそこ。」と教えてくださいました。ほかにはウグイスの声と、中の墓地でヘビが1匹、帰りには町内でお猿が1匹居て見送ってくれました。気温26℃でかなり涼しく快適な松木渓谷散策でした。写真はカラミの山、屋敷稲荷、上の墓地の順になります。  

足尾歴史館企画展のお知らせ

 投稿者:せんろ商会&けいてつ協会本局   投稿日:2010年 7月 4日(日)07時10分12秒
返信・引用
  【足尾歴史館・企画展】
布施隆宏「国鉄足尾線写真展」

1961年、群馬県前橋市生まれ。高崎市在住。機械設計会社勤務のかたわら、写真集『わ
たらせ渓谷鉄道』(山と溪谷社刊)、『西上州の山』(上毛新聞社刊)を出版。現在、わたらせ渓谷鐵道のDVDを制作中。

【開催場所】
足尾歴史館 2階 企画展示室

【開催日】
平成22年7月3日(土曜日)~8月31日(火曜日)まで

【開催時間】
10:00~16:00

【交通】
わたらせ渓谷鐵道「通洞駅」下車徒歩3分
JR日光駅・東武日光駅と通洞駅間の日光市営バスもあります。
(1日4往復、片道約40分要問合TEL:0288-93-3113市民課)

【入館料】
大人一人(高校生以上)
350円
子供一人
250円
◇お問合せ◇
NPO法人 足尾歴史館
〒321-1523
栃木県日光市足尾町松原2825
TEL/FAX: 0288-93-0189
ホームページ:http://ashiorekishikan.com/
 

変わり行く足尾

 投稿者:ミケ  投稿日:2010年 5月16日(日)22時54分44秒
返信・引用 編集済
  足尾まつりから遅れること2週間、今年初めて足尾を訪れてその変貌に驚きました。聞いていたことですが何というか町の中の見慣れた古い物が消えてそこに突然近代的な建物が建っているのです。昭和48年2月の銅山の閉山から37年しか過ぎていないのに、使われなくなった建物はこんなにも早くと思うほど荒廃が進んでいましたから危険かも知れず、取り壊されるのは仕方無いことかもしれません。今までにも少しづつ無くなっていったものはありましたが、今回は町が一斉に大改造されているという印象なのです。
小滝から本山に抜ける道路の工事、備前楯山の登山路の整備、古い鉱山社宅の撤去、そして精錬所の上の段にあった硫酸工場の建物撤去と下の精錬所も同じく、今は幾つかの建物と煙突や3つ並んだタンクなどを残すのみで、これを備前楯山の頂上から見ると広い空き地になって見えます。精錬所の対岸から見ても何か大きなものが無くなって空き地に緑が広がっているようです。まだ盛んに工事をしています。足尾の町はどこまで変わるのでしょうか。

小滝ー銀山平ー備前楯山登山ー本山ー町の中を遠下の信号に出て122号を帰りました。写真は備前楯山の様子、頂上から見た精錬所、龍蔵寺側からみた精錬所、の順になっています。
 

はせけい様ご無沙汰でした。

 投稿者:ミケ  投稿日:2010年 5月 9日(日)18時49分21秒
返信・引用
  久しぶりに聞く足尾のお便り、とても嬉しいです。お返事が遅れてすみませんでした。
足尾の変わりようは大変なものですね。精錬所の建物を始末したり・・・だとすると私の気になっている豊潤洞はもう更地になってしまったのでしょうか。そのうちに松木村の上の墓地まで舗装されて名所になるとかしてー。今まで撮った写真と比べると何もかも変わっているのですね。寂しい気もしますが新生足尾を期待しています。
お話しを聞いてこれは行って見なければ!と思っています。元気を出して行きますよ!
ありがとうございました。
 

yasu様こちらこそお久しぶりです。

 投稿者:ミケ  投稿日:2010年 5月 9日(日)18時39分18秒
返信・引用
  すっかり足尾詣出をさぼってしまっていますが、足尾まつりはどうだろうか?などと思っていました。お天気がよくて最高でしたね。私が行かなかったから人出が少ない・・・。すみません。毎年備前楯山に登るのを楽しみにしていますが今年は車の調子が悪かったり(もう10年ともなると人間と同じですね)して行きそびれています。
お祭りの様子を見せていただき嬉しいです。いつもと変わらない山車の華やかさはずっと続いて行ってほしいですね。お返事が遅れてしまい申し訳けありませんでした。備前楯山の登山口付近が道が崩れていましたがどうなったでしょうか。そのうちに行って見たいと思います。ありがとうございました。
 

足尾詣で

 投稿者:はせけい  投稿日:2010年 5月 5日(水)09時09分53秒
返信・引用
  ミケ様
お久しぶりでございます。
5月4日GW恒例の足尾詣でに行ってきました。
足尾バイパスから見下ろす街中、ずいぶん変わりました。
旧い建物が次々と無くなり、近代的、しゃれた建物がどんどん出来てきています。
昔、足尾駅構内にあった木造倉庫群のところにはマンション?ができていてびっくりしました。
新生足尾!


いつもの松木散策、ダムのところのゲートができる前は、普通の乗用車ではなかなか勇気が
必要だった道も、巨大エレベーターや採石場、ヘリポートより奥を除いて舗装が進んでいました。
また、舗装をしていない場所も、整地?されていてこれならゲートさえなければ自転車でも
十分に走れる状態でした。

あの、精錬所の廃墟の取り壊しも始まっていて、そびえたっていた錆びた鉄骨は跡形もなく
無くなっていました。
歴史館の方にお訊ねしたところ、完全に撤去ではなくて「産業遺産」の価値があるいくつかのものは保存の予定だとか。

あと、いちばんダムに近い昔の鉱山長屋の廃屋も取り壊され、防火壁のみが残っていました。
その向かい側にある旧共同浴場の建物はまだありました。

どんどん発展してしている足尾を実感できた一日でした。
 

レンタル掲示板
/15