投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 第46回投句はこちらから、締切30日(22)
  2. 第45回名乗りはこちらから、21日締切(7)
  3. 第45回選句と選評はこちらから、締切16日(6)
  4. 第44回名乗りはこちらから、5日締切(7)
  5. 第43回名乗りはこちらから14日締切(8)
  6. 第44回選句と選評29日深夜締切(6)
  7. 第43回選句と選評11日深夜締切(6)
  8. 第42回名乗りはこちらから、29日締切(7)
  9. 第42回選句と選評26日深夜締切(6)
  10. 第41回名乗りはこちらから,12日締切(7)
  11. 第41回選句と選評8日深夜締切(6)
  12. 第40回名乗りはこちらから、23日締切(7)
  13. 第40回選句と選評19日深夜締切(6)
  14. 第39回名乗りはこちらから、9日締切(7)
  15. 第39回選句と選評5日深夜締切(7)
  16. 第38回名乗りはこちらから、22日深夜締切(7)
  17. 第38回選句と選評17日深夜締切(6)
  18. 第37回名乗りはこちらから、2日締切(7)
  19. 第37回選句と選評31日深夜締切(6)
  20. 第36回名乗りは19日深夜締切(8)
スレッド一覧(全95)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お題

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 6月 1日(土)07時48分0秒
  店 昔のお店からコンビニまで色々あります。


3題出そろいましたので、これから投句のスレッドを作成しますね。
 

お題

 投稿者:踏尾  投稿日:2019年 6月 1日(土)06時40分19秒
  田んぼ 通勤途中の脇の田んぼが水を張って美しい  

お題

 投稿者:茶肴余  投稿日:2019年 5月31日(金)22時28分9秒
編集済
  素足 そして 素足になること そして 素足にならないといけないこと など 素足に関連したこと
あっ 素足は季語なのね!
 

お題募集

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月31日(金)18時01分41秒
  明日くらいに始めたので
皆さんよろしく。
 

おおブラボ

 投稿者:茶肴余  投稿日:2019年 5月30日(木)21時23分42秒
編集済
  疲労子さん、ありがとうございました。
発句が春の場合だけ、四季が揃わないんですね。
そして半歌仙の場合全シーズン「月」は必ず2回ある!
だから「雪」!素晴らしい!
不孤さんのおっしゃるように雪月花そろう半歌仙ってよいですね。
 

雪月花そろって

 投稿者:不孤  投稿日:2019年 5月30日(木)17時46分45秒
  雪の座、良いと思います。  

雪の座

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月30日(木)12時32分2秒
  名前ど忘れしましたが、現代風連句を提唱している方が、月の座は灯りが少なかった時代には有意義だが、現代では1巻に3回は多すぎる。それに変えて雪の座を設定しようと提唱されていたのを採用してみたものです。
今回は、ウ6が夏で、ウ7に冬の座では無理があったので、上記の主張に乗っかりました。
いつもの融通無碍さばきでした。
 

祝満尾!

 投稿者:茶肴余  投稿日:2019年 5月29日(水)22時21分20秒
  おめでとうございます。
雲雀が雲にはいってめでたく満尾です。
ところで捌きの疲労子さん、
――句の構成ですが、四季を使い切るために「雪の座」を入れています。
ってどういうことなんでしょ?
教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。
 

半歌仙これにて満尾

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月29日(水)21時46分51秒
編集済
  半歌仙「雲雀啼く」の巻

発句  雲雀啼く肩口つまむ打席の子      茶肴余(春)
脇    栄誉賞など拒み長閑         疲労子(春)
第三  受難節金髪乙女駆け抜けて        夏天(春)
オ4   コロンブスの卵の秘密         不孤
オ5  月の蹤追いて忘れし曲がり角        余(秋・月)
折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
ウ4   別れ話は冗談だよと           余(恋)
ウ5  湘南の波止場に立てば風涼し        天(夏)
ウ6   誤審にめげず逆転の汗          子(夏)
ウ7  4Kを越え8Kのカメラでき        余
ウ8   監視社会の行き着く寒さ         孤(冬)
ウ9  降る雪はすべての屋根を丸うして      子(冬・雪)
ウ10   シチューに落とすサクサクのパイ     余
ウ11  水路ゆく舟を見送る花ふぶき        天(春・花)
挙句   天守を低く鳥雲に入る          孤(春)

2019年4月8日起首 5月29日満尾

連衆 茶肴余、夏天、不孤、疲労子捌き

連衆のみなさまおめでとうございます。
 

速いっすね~

 投稿者:不孤  投稿日:2019年 5月29日(水)17時12分16秒
  水路と言えば、松江の堀川めぐりも風情がありました。

ウ10   シチューに落とすサクサクのパイ     余
ウ11  水路ゆく舟を見送る花ふぶき        天(春・花)
     天守を低く鳥雲に入る
 

付け句 お先にすみません

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月29日(水)06時13分31秒
  ついこの間、「朝がきた」の主人公のお姉さんが、
舟に乗り輿入れする情景を撮影した
近江八幡の水路めぐりの舟に乗りました。
四月二日は、いつになく寒い日で、桜はちらっとしか咲いてなくて
残念でしたが、そこは自分の頭で桜の満開を夢想して、
宮崎葵さんになりきって、今回の付け句を考えました。
パイを食べた後、出発ということで

ウ9  降る雪はすべての屋根を丸うして      子(冬・雪)

ウ10   シチューに落とすサクサクのパイ     余
    水路ゆく舟を見送る花ふぶき

 

いよいよ終盤

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月29日(水)05時39分59秒
  発句  雲雀啼く肩口つまむ打席の子      茶肴余(春)
脇    栄誉賞など拒み長閑         疲労子(春)
第三  受難節金髪乙女駆け抜けて        夏天(春)
オ4   コロンブスの卵の秘密         不孤
オ5  月の蹤追いて忘れし曲がり角        余(秋・月)
折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
ウ4   別れ話は冗談だよと           余(恋)
ウ5  湘南の波止場に立てば風涼し        天(夏)
ウ6   誤審にめげず逆転の汗          子(夏)
ウ7  4Kを越え8Kのカメラでき        余
ウ8   監視社会の行き着く寒さ         孤(冬)
ウ9  降る雪はすべての屋根を丸うして      子(冬・雪)
ウ10   シチューに落とすサクサクのパイ     余

次は、→ 花575 → 春77挙句。
夏天さん、不孤さん、順不同で1区ずつよろしくお願いします。
 

付句

 投稿者:茶肴余  投稿日:2019年 5月28日(火)21時57分30秒
  すみません お先に
ウ8   監視社会の行き着く寒さ         孤(冬)
ウ9  降る雪はすべての屋根を丸うして      子(冬・雪)
      シチューに落とすサクサクのパイ
シチューは無季ですよね?
 

雪の座

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月28日(火)19時07分58秒
  不孤さん付け句ありがとうございます。
では、新企画の雪の座

発句  雲雀啼く肩口つまむ打席の子      茶肴余(春)
脇    栄誉賞など拒み長閑         疲労子(春)
第三  受難節金髪乙女駆け抜けて        夏天(春)
オ4   コロンブスの卵の秘密         不孤
オ5  月の蹤追いて忘れし曲がり角        余(秋・月)
折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
ウ4   別れ話は冗談だよと           余(恋)
ウ5  湘南の波止場に立てば風涼し        天(夏)
ウ6   誤審にめげず逆転の汗          子(夏)
ウ7  4Kを越え8Kのカメラでき        余
ウ8   監視社会の行き着く寒さ         孤(冬)
ウ9  降る雪はすべての屋根を丸うして      子(冬・雪)

次は、雑77 → 花575 → 春77挙句。
夏天さん、茶肴余さん、不孤さん、順不同で1区ずつよろしくお願いします。
 

捌きを待たずに…

 投稿者:不孤  投稿日:2019年 5月28日(火)17時05分29秒
  ウ5  湘南の波止場に立てば風涼し        天(夏)
ウ6   誤審にめげず逆転の汗          子(夏)
ウ7  4Kを越え8Kのカメラでき        余
     監視社会の行き着く寒さ
 

第28回のお題募集

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月27日(月)21時56分56秒
  いつものように3題募集します。

どなたでもどうぞ。
 

27回個人別得点集計

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月27日(月)21時55分41秒
  疲労子                 計14点
14  庭石に和して同ぜず蟇             +3
24  石ひとつごとに蚰蜒団子虫           +5
37  エッシャーの物見の塔に梅雨の傘        +1
45  副作用悪夢とありぬ三尺寝           +1
51  浜街道ごろり玉葱太りけり           +4

偏屈                  計9点
16  和太鼓の師匠の肘に蚊のとまる         +2
25  祈り込め投石すれど五月闇           +2
32  梅雨好きと嘯く女を警戒す           +3
43  立身も出世も無縁濁り鮒
46  虚ろなる日々を重ねて蛇の皮          +2

夏天                  計7点
17  和顔施の未だ果たせず薄暑光          +4
26  風薫る禅寺の石絵巻かな
33  梅雨曇りたたずむけふに煩はず
47  いつまでも友達できずジギタリス        +2
52  恩着する恩知らずなり晶子の忌         +1

踏尾                  計6点
15  若葉そよぎクラウン仏和の塵払う        +3
27  石をもて追はれしごとく蠅を打つ        +2
31  雨間に白き肢体をなめくじら          +1
42  板縁に千の蟻涌く日は高し
50  木洩れ日に老猫うんと伸びにけり

茶肴余                 計4点
11  和貴しと宣して明日香五月晴れ         +1
21  玉砂利は海なり巌は斜めたり
35  我はわれ梅雨入り(ついり)も明けも同じ靴   +3
41  機は離陸紫雲英の花がちらと見え
44  ストリートビューに暑気なく旅慣れず

不孤                  計2点
12  新樹光精養軒の和洋中
22  苔マニア石に三年蒸しタオル          +2
34  梅雨前線匍匐前進昂るな
48  椎の花最終日1時半終了なんて
54  ランチは後にすればよかつた椎の花

実理
13  聖5月和菓子細工の藍暖簾
23  城壁のカーブの美しく風薫る
36  倒れ伏す草木の手入れ梅雨晴間
49  灯台の大きく見ゆる夏座敷
53  短夜の波音近き生家かな
 

付句

 投稿者:茶肴余  投稿日:2019年 5月26日(日)14時48分18秒
  ウ5  湘南の波止場に立てば風涼し        天(夏)
ウ6   誤審にめげず逆転の汗          子(夏)
    4Kを越え8Kのカメラでき
ビデオ検証もやがてものすごいレベルに
 

選句選評も

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月21日(火)19時17分21秒
  よろしくお願いします。  

半歌仙も

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月21日(火)19時10分20秒
編集済
  湘南ベルマーレでつけてみました。
句の構成ですが、四季を使い切るために「雪の座」を入れています。

発句  雲雀啼く肩口つまむ打席の子      茶肴余(春)
脇    栄誉賞など拒み長閑         疲労子(春)
第三  受難節金髪乙女駆け抜けて        夏天(春)
オ4   コロンブスの卵の秘密         不孤
オ5  月の蹤追いて忘れし曲がり角        余(秋・月)
折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
ウ4   別れ話は冗談だよと           余(恋)
ウ5  湘南の波止場に立てば風涼し        天(夏)
ウ6   誤審にめげず逆転の汗          子(夏)

次は、雑575 → 冬77 → 雪575 → 雑77 → 花575 → 春77挙句

どなたでも歓迎。
 

恋ばなれ

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月20日(月)17時36分34秒
  ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
ウ4   別れ話は冗談だよと           余(恋)
    湘南の波止場に立てば風涼し
 

お題出そろいました。

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月15日(水)21時31分5秒
編集済
  題27回句会をはじめます。

お題は

1.「和」の字を使って。

2.「石、岩」をモチーフに。

3.「梅雨」

4.雑詠2句です。

締切は20日深夜。
ただし、投句が出そろった場合は早めに切り上げます。
また、旅行などで投句出来ない場合は、早めに申し出ていただければ締切を延期します。

踏尾さん参加なので、あらためて投句システムを説明しますね。

この掲示板の上部に、「スレッド一覧」が出ますので、そこで「第27回投句はこちらから」をクリックすると投句ができます。
投句の際は、投稿者の欄は空欄に、題名欄は、お題に投句する時は題を、そうでない時は空欄で一句ずつ投句して下さい。

投句後も、一番したまで行くと修正ができます。

質問があれば掲示板上でどうぞ。
 

不孤さん、

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月15日(水)21時18分59秒
  ポールニザンわかってもらって、うれしい。

四十年前、とても流行っていました。

あの頃、「アデン・アラビア」と「二十歳の原点」

とにかくわけもわからず読みました。
 

踏尾さん、

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月15日(水)21時16分19秒
  ようこそ、

よろしくお願いします。
 

お題

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月15日(水)21時15分38秒
  近頃、梅雨が間近に迫ってるような
曇り空です。

お題で梅雨 でどうでしょうか?
 

句会入れて下さい

 投稿者:踏尾メール  投稿日:2019年 5月14日(火)21時33分56秒
編集済
  吉田山吟行に参加した踏尾です。
先ずは句会に入れて下さい。
よろしくお願いします。
 

お題

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月14日(火)17時15分58秒
編集済
  1.「和」の字を使って。

2.「石、岩」をモチーフに。

あと一題、季語で、どなたかお願いします。
揃い次第、つぎの次第句会を始めます。
 

お題について

 投稿者:実理  投稿日:2019年 5月14日(火)10時02分28秒
  令和の令は難しいと思うので和を入れ込むのは如何でしょうか。  

すごーい!

 投稿者:不孤  投稿日:2019年 5月13日(月)18時39分43秒
  吉田山吟行・半歌仙報告、ありがとうございます。
町家泊まりなんてイマっぽくて素敵ですね。
歌仙も句会も高度ですね、さすが。
あ、今わかった! ポール・ニザンか…。

 

お題募集

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月12日(日)19時37分58秒
  第27回句会のお題を募集します。

どなたでも早い者勝ちで計3題、よろしくお願いします。
 

第26回個人別得点集計です

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月12日(日)19時35分51秒
編集済
  疲労子             計11点
06  大風に破れたる神社緑さす
14  死んじまえと雖も丸き冷奴      +3
24  ボンカレーの看板の錆夏来たる    +4
33  まるまると修行の果ての葱坊主    +3
39  哀しみも恨みつらみも吹流し     +1

偏屈              計8点
03  万緑や気難しさの言い訳に      +2
15  相席の放置されたる冷奴       +1
26  雲の峰路面電車の軋めいて      +1
34  妻泣かせ朔太郎忌の夜の闇      +1
40  鯉のぼり腹に一物ため込まず     +3

茶肴余             計7点
01  新緑や人々の過ぎゆくを待つ
13  焼き鮎や遠きJapanでアルバイト   +3
22  月涼し受話器ゆっくりチンと置く   +3
31  春過ぎぬ畳の青出て模様替え     +1
42  沃野たり車づくりと青麦と

夏天              計4点
04  新緑や胸の底まで緑色        +1
16  一匙の水ようかんの至福かな     +1
23  新緑のキハ系車両深呼吸       +1
32  はためいて池をわたるや鯉のぼり   +1
36  連休の広すぎる空鯉幟

実理              計3点
05  行きずりのややより笑顔緑さす    +1
11  云いたきをぐっとこらへて新茶汲む
21  新緑の香に噎せ箱根古道行く
35  寄るべなき心に灯るしやがの花    +2
41  尾根へ出てまともに食らう青嵐

不孤              計3点
12  週末あたりガリガリ君の出番です
25  水田青田まるいお鼻の新幹線
02  新緑へ釣り糸垂らすスナフキン    +2
37  ノンノンと呼ばれしむかし桜の実   +1
38  渓若葉木靴のやうなボートゆく
 

旅の記録2句会も

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月12日(日)18時06分46秒
  二日目、
朝、夏天は五時半に起き、ちょっと料理。
他の人たちは、六時半頃からぼちぼち起きてきたので
朝風呂に入る人を待って、朝の京都町あるきへ。
白川の有名な行者橋、千日回峰を終えた僧が渡るとされた橋を渡り、
法然上人を奉る末寺を過ぎ、華頂短期大学の前を・・・。
そこはもう、ホウネンロードと呼んで差し支えない道。
とにかく
8時頃、知恩院さんにお参りしてきました。
拝観は、9時スタートなので寺院関係者しかおらず。
神社仏閣は本当に広い。独り占めです。
階段登って本堂にたどり着くまでに
これは、お城だとつぶやく茶肴余さん。
外敵の侵入を予測して、石垣を固め山のてっぺんに籠もれるようになってる要塞。

お城から降りて朝のパンを山ほど買って、宿へ。
前夜から、句会をしようと声をあげていた
踏尾さん・茶肴余さんの提案で
いっそのことこの町屋宿を使い、
朝10時投句で一人三句で手早くしようと話がきまり
各自、句を練るモードへ。

さて句会の発表です。
5点句
 1夏の風女将の筆の自己主張  茶肴余   ◎夏天・◎疲労子 ○踏尾

4点句
 2彩龍の石にやどりて苔涼し  夏天      ◎茶肴余◎踏尾

2点句
 センパラの魚影をにらむ大鳥居 踏尾    ○茶肴余○疲労子

 山体を涅槃の色に楠の花   踏尾          ○疲労子○夏天

 冷酒酌みあやうく溺れ死ぬところ 疲労子  ○茶肴余○夏天

1点句
 山滴る涅槃を描ける庭の石  夏天        ○踏尾
選外
 白川の流れも涼し杜若   踏尾
 庭石の角度もよろし苔の花 疲労子
 夏夕べ一銭洋食おおきにね 疲労子
 西王母は嶺かたぶけり初夏の庭 茶肴余
 旅の夕残りの鯖酢(ばってら)買い求め 茶肴余
 廃るるも艶やかに古都薄暑かな  夏天

選句の感想を順に並べると以下のようになります。
   →真古館のカフェの風の様子が浮かんできた、女将のひらがな歌を「筆の自己主張」としたのが面白い。
  →重森の美術館の撮影禁止の部屋に飾ってあった掛け軸「彩龍舞丹霄」の「彩龍」が庭の石に宿ると発想したのがよい。
→ 白川の情景が浮かぶ。
→ 新緑の中の、黄色の「楠の花」を「涅槃の色」としたところがよい。
→ 今回の吟行のお泊まりの様子をよく表している。
 

吉田山旅の記録訊いてくださいね。

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月12日(日)17時30分43秒
  京都東山三条の町屋の宿に泊まりました。8人までいけるという宿を4人で広々と
ぜいたくに使い、大満足。町屋と言っても、今風に改築されて、
檜のお風呂、坪庭、トイレ、寝室ともに実に快適に過ごせるように
なっていて、自炊も可能。お皿やコップまで、冷酒を飲むガラスのお猪口まで
用意されていて、実に行き届いた宿でした。
難点は、隣が民家なので、壁一枚、
静かにしなければいけないということですが、
なんとか、クリアーすれば申し分ない宿です。

さて、土曜日は京都大学を歩き、その後
吉田山麓にある、
重森三玲の美術館、庭を見て
吉田山にはあはあ言いながらのぼり、
吉田山荘という由緒ある建物(誰か宮様の別荘だったもの)
いある真古館というカフェに。これが眺めのよい静かな所。
新緑がきれいでした。
その後、真如堂。どこのお庭がまた、重森さんの息子さんの作。
庭に出会う旅でした。

さて、夕食の買い出しは古川町商店街というかなりシャッターが閉まっている
アーケードの古いお総菜屋さんの残りもの総ざらえワールド。
結構満足な夕食になりました。京都の地ビールと地酒が回り切った頃に、
歌仙終了。お風呂で寝る人もいましたが、なんとか皆ぐっすり眠りました。

 

茶肴余さんと 

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月12日(日)17時10分12秒
  夏天、疲労子と大学時代の友人の踏尾さんと4人で
京都吉田山を吟行し、
連句、半歌仙巻いてきました。
偏屈さんもネット参加してくれました。

不孤さん、実理さんにご紹介して、
かつ記録で残したいと思います。

半歌仙吉田山の巻

半歌仙吉田山の巻

発句・夏  青嵐ニザン小脇に吉田山      偏屈
脇・夏    ラムネを飲んで羞じらう少女    夏天
第三    曲線の庭に網干の意匠見て     茶肴余
第四     古きカフェの椅子をきしませ   踏尾
第五・月  月を追う無理な姿勢の艶つぽく   偏屈
折端・秋   美男葛の紅き実を捥ぎ      疲労子
折立・秋  雲水の修行の果ての濁り酒     夏
第七     一本橋の先は幽冥        茶
第八    万里小路シガー燻らす丸めがね   踏
第九      若気の至りタトゥーを悔いて  偏
第十・冬  鎌鼬もて雑念を削ぎ落とし     疲
第十一・冬  町屋の宿に鍋焼き饂飩      夏
第十二   今朝もまた三宝さんに手を合わせ  茶
第十三    無の字の由来舞姫に訊く     踏
第十四・恋 帯解いて答える間なく抱き寄せる  偏
第十五・恋  交差点には真っ赤なポルシェ   疲
第十六・花 列島を北へと遡上花さかり     夏
挙げ句    二十歳の春をおぼえているか   茶

2019年5月10日 起首・満尾
 連衆 偏屈・夏天・茶肴余・踏尾・疲労子

 

名無し

 投稿者:実理  投稿日:2019年 5月 9日(木)20時42分0秒
  名無しは実理です。コピペができたと喜んだら他は忘れて一つ分かると三つ忘れてしまいます。ご面倒ばかりお掛けしてすみません。スレッドもみたのでが分かりませんでした。  

名無しさんは誰?

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 8日(水)19時22分57秒
編集済
  選句の一人目が名無しさんとなってます。

スレッドのなかから自分の発言の訂正ができますのでよろしくお願いします。
 

選句のスレッド

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 7日(火)20時20分15秒
  作成しました。
10日締切でお願いします。
 

投句締切2日延期します

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 4日(土)21時55分36秒
  ちょっとスケジュールがきついようですので、2日延期して7日とします。  

でも結局別れるのね

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 4日(土)13時30分32秒
編集済
  発句  雲雀啼く肩口つまむ打席の子      茶肴余(春)
脇    栄誉賞など拒み長閑         疲労子(春)
第三  受難節金髪乙女駆け抜けて        夏天(春)
オ4   コロンブスの卵の秘密         不孤
オ5  月の蹤追いて忘れし曲がり角        余(秋・月)
折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
ウ4   別れ話は冗談だよと           余(恋)

次は、夏575です。
 

恋:太田裕美→五輪真弓

 投稿者:茶肴余  投稿日:2019年 5月 3日(金)09時04分50秒
編集済
  ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)
     別れ話は冗談だよと
 

投句

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 2日(木)22時02分17秒
  スレッドを作成しました。

締切は5月5日(日)としてありますが、
旅行などで間に合わない方があれば、掲示板で言っていただければ締切を延長します。
 

お題

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 2日(木)16時57分21秒
  1.「緑」新緑、緑さすなど。

2.「夏を感じる食べ物」

3.「レトロなもの」を詠み込んで

4.雑詠2句

でいきましょう。今夜スレッドを作成します。


さて連句の方も

発句  雲雀啼く肩口つまむ打席の子      茶肴余(春)
脇    栄誉賞など拒み長閑         疲労子(春)
第三  受難節金髪乙女駆け抜けて        夏天(春)
オ4   コロンブスの卵の秘密         不孤
オ5  月の蹤追いて忘れし曲がり角        余(秋・月)
折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
ウ2   クサンチッペは朝起きられず       天(恋)
ウ3  恋人よ僕は旅立つ東へと          子(恋)

次は、恋を続けてもいいし、恋から離れてもOKです。
 

お題

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月 2日(木)15時04分37秒
  夏を感じる食べ物  

チョコ対決に勝利して

 投稿者:夏天  投稿日:2019年 5月 2日(木)15時03分8秒
  妻の座に座ったけれど、
ソクラテスの妻、漱石の妻であったという設定
もちろん、妻が朝起きる必要はないのですが、
まあここは男の側の目線から。

折端   茸の山を仮の宿とす           子(秋)
折立  再びのチョコ菓子対決秋の陣        孤(秋)
          クサンチッペは朝起きられず
 

お題

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 2日(木)14時51分34秒
  1.「緑」新緑、緑さすなど。

実理さんありがとうございます。

あと皆さん二題よろしく。
 

お題について。

 投稿者:実理  投稿日:2019年 5月 2日(木)13時35分16秒
  新緑真っ盛りです。ので   緑   新緑   緑さす  などは如何でしょうか?

トラブル連発なのでこれが届くか心配です。届けばうれしい。
 

お題募集

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 5月 1日(水)21時40分25秒
  いつものようにお題募集します。

連休中に次のの句会を始めたいのでよろしくお願いします。
 

実理さん

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 4月30日(火)10時35分17秒
  名乗り確認できました。
ありがとうございます。

トラブル多発ですが、これにめげずによろしくお願いします。

スマホデビューとのこと素晴らしい。

スマホからも「52丁目ジャズ倶楽部」で検索するとページを見ることができますよ。一度お試しを。
 

第25回個人別得点集計です

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 4月30日(火)09時14分19秒
  実理さんの句は消去法で推測しましたが、もし間違いなどあれば教えて下さいね。

夏天                 計+9
03  呑み込みて千本念仏ブラックホール       +3
12  世にはずれ都の辰己おらが春
32  かのこ忌や自立叶はぬ草食系          +2
38  毒親にならじと自戒子持鯊           +2
25  無駄肉を削いだフォルム花水木         +2

疲労子秒               計+8
06  壷焼のブラックホールをひと啜り        +3
14  春嵐づらづりづるづれ活用ス          +2
22  自転車で駆け下りる朝花水木          +1
39  眼裏に育つ緑の朧かな             +1
40  大人にはなれず朧夜列車行           +1

実理                 計+5
02  奈落へと転がる夢や月朧            +1
11  行き違うあなたとわたし遠霞          +1
24  ワシントンDCの空花水木           +2
36  八十路越へスマホデビユー青嵐         +1
37 新旧の健康談義春ランチ

不孤                 計+4
01  絮吹いて宇宙のことは考へず
13  政治家の常識外れ蛙啼く
26  昨日からからりと晴れて花水木
31  からつぽのあたまを叩く目借時         +2
33  初めての藤よもつと垂れよ垂れよ        +2

茶肴余                計+3
05  光止むアインシュタイン春に逝く
15  春雨や待ってみるかと酒場めし         +2
21  百年続け唄だけで知るハナミズキ
34  張り紙に草餅の二字胃が笑う          +1
35  甲斐なくて人影は無し潮干狩

偏屈                 計+1
04  重力の不思議をよそに散る桜
16  歳時記と実感のずれ春曙
23  散り方を何とかしたい花水木
41  やわらかに風が集める花溜まり
42  花は散れど一年のちにまた散れる        +1
 

実理さん

 投稿者:疲労子  投稿日:2019年 4月25日(木)21時22分8秒
  コピペうまくいかずお疲れ様でした。

この掲示板時々言うことをきかなくなります。

コピペが困難なようでしたら、句に番号だけで、1○、3◎というような具合で選句したり、選評を書いてもらうと楽かも知れません。
集計も句の番号でしているので問題ありません。
次回ためしてみて下さいね。

では、名乗りのスレッド作成しましたので、よろしくお願いします。
 

/126