• [0]
  • 第48回名乗りはこちらから、7日締切

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 5月 3日(日)10時03分20秒
 
33 ナミビアの砂漠に抱かれ星涼し 4
46  溜池にステイホームの残り鴨 3
11  荒天にはしゃぐがごとく藤揺れて 2
13 目借時自粛好転農に帰す 2
15 子持ち猫雨天練習場に啼く 2
21  庭土の黒やわらかき穀雨かな 2
25 ベランダーパスタと決める穀雨かな 2
26畝短か貸農園へ穀雨来ぬ 2
31 双子われら母娘と見られ苦蓬 2
43 脛長くぶっきらぼうな青林檎 2
45  禁足の解けぬ諦念四月尽 2
49 石の音もこの春の碁はくすみあり 2
50 チュウリップ十万本せめて磔刑に 2
12 好天の俄に海へ春の雷 1
14  自転公転猛スビードや鳥雲に 1
16 ままならぬ後転倒立れんげ草 1
23 穀雨待つ童心の糠団子かな 1
24 草引きにいささか精出せ穀雨なり 1
34 世の闇を払ひて伸びよズッキーニ 1
48 芍薬のひらききつたる不敵かな 1

***************************
名乗りは以下からコピペしてお願いします。
締切は7日です。

「コウテン」
11 荒天にはしゃぐがごとく藤揺れて
12 好天の俄に海へ春の雷
13 目借時自粛好転農に帰す
14 自転公転猛スピードや鳥雲に
15 子持ち猫雨天練習場に啼く
16 ままならぬ後転倒立れんげ草

「穀雨」
21 庭土の黒やわらかき穀雨かな
22 カセットガスちび耕耘機穀雨かな
23 穀雨待つ童心の糠団子かな
24 草引きにいささか精出せ穀雨なり
25 ベランダーパスタと決める穀雨かな
26畝短か貸農園へ穀雨来ぬ

「人生で初めて」
31 双子われら母娘と見られ苦蓬
32 朧なるエリーザベトの物語
33 ナミビアの砂漠に抱かれ星涼し
34 世の闇を払ひて伸びよズッキーニ
35 蕨煮る初の古稀まで幸くとや
36 明日すら未踏郷なり海市見ゆ

雑詠
41 春の小川15秒だけ詩人面
42 裸足にて床板を踏む夏近し
43 脛長くぶっきらぼうな青林檎
44 緑立つ世の混迷を関知せず
45 禁足の解けぬ諦念四月尽
46 溜池にステイホームの残り鴨
47 春帽子買うてん明日は出勤日
48 芍薬のひらききつたる不敵かな
49 石の音もこの春の碁はくすみあり
50 チュウリップ十万本せめて磔刑に
51転勤の北国の空ライラック
52 清明の街道ゆるりふたり旅

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [7]
  • 第48回個人別得点集計

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 5月 5日(火)15時32分37秒
 
実理        9点
12 好天の俄に海へ春の雷 1
26畝短か貸農園へ穀雨来ぬ 2
33 ナミビアの砂漠に抱かれ星涼し 4
43 脛長くぶっきらぼうな青林檎 2
51  転勤の北国の空ライラック

夏天        6点
13 目借時自粛好転農に帰す 2
23 穀雨待つ童心の糠団子かな 1
34 世の闇を払ひて伸びよズッキーニ 1
45  禁足の解けぬ諦念四月尽 2
52 清明の街道ゆるりふたり旅

不孤        6点
14  自転公転猛スビードや鳥雲に 1
21  庭土の黒やわらかき穀雨かな 2
31 双子われら母娘と見られ苦蓬 2
44 緑立つ世の混迷を関知せず
48 芍薬のひらききつたる不敵かな 1

疲労子       6点
16 ままならぬ後転倒立れんげ草 1
22 カセットガスちび耕耘機穀雨かな
32 朧なるエリーザベトの物語
46  溜池にステイホームの残り鴨 3
50 チュウリップ十万本せめて磔刑に 2

踏尾        5点
11  荒天にはしゃぐがごとく藤揺れて 2
24 草引きにいささか精出せ穀雨なり 1
35蕨煮る初の古稀まで幸くとや
42裸足にて床板を踏む夏近し
49 石の音もこの春の碁はくすみあり 2

茶肴余       4点
15 子持ち猫雨天練習場に啼く 2
47 春帽子買うてん明日は出勤日
25 ベランダーパスタと決める穀雨かな 2
36 明日すら未踏郷なり海市見ゆ
41 春の小川15秒だけ詩人面


  • [6]
  • 名乗り

  • 投稿者:実理
  • 投稿日:2020年 5月 5日(火)11時09分31秒
 
12  好天の俄に海へ春の雷
コウテンは色色あったけど天気にしてみました。

26  畝短か貸し農園へ穀雨来ぬ
自転車で市の貸農園の傍を通るので。

33  ナミビアの砂漠に抱かれ星涼し
ナミブ砂漠は素晴らしかった。2018年に旅行でいきました。ナマクワランドの野生の花々も何処までも一面に咲いていて素晴らしかった。

43  脛長くぶっきらぼうな青林檎
孫達の14、15の頃のことです。

51  転勤の北国の空ライラック
ライラックが咲くと札幌を思い出します。

  • [5]
  • 名乗りと感想です。

  • 投稿者:夏天
  • 投稿日:2020年 5月 4日(月)10時00分0秒
  • 編集済
 
13 目借時自粛好転農に帰す
 ゴールデンウィークの好天に背中を押され、ステイホームを充実させるべく、日の当たらない庭ですが、夏だけ少しましなので今年はいろいろ植えました。

23 穀雨待つ童心の糠団子かな
 糠団子というのは、糠と土と水を混ぜて発酵させるために作ります。コーヒーの出し殻を土に戻すために、生ゴミを発酵させる「カドタ式」という本に触発されて始めたのですが、
なかなかうまく発酵しないので、結局、生ゴミをカラカラにして、その糠団子と混ぜておくだけで、一定量になると土に埋めるだけ、みたいな感じです。
 しかし、糠と土と納豆のネバネバを水に溶いたものを混ぜて、置いておくとフルーツみたいな香りがしてほかほか温くなることは実感しました。そして、生ゴミ乾燥させると容量がかなり減るのは、発見でした。

34 世の闇を払ひて伸びよズッキーニ
 ダイソーの二袋一〇〇円の種を買って、ズッキーニとゴーヤを蒔きました。ズッキーニは、カボチャ科。種三粒でともを出したけど、ゴーヤ5粒は眠ったまま。初めてズッキーニ植えてみました。
 おととしカボチャは、花を受粉させようとして失敗で結局一つも収穫できなかったのに、また懲りずにチャレンジです。

45 禁足の解けぬ諦念四月尽
 諦めムードでステイホームを楽しんでますが、増えた体重が何をしても戻らない。

52 清明の街道ゆるりふたり旅
 家の近くには、東海道とか、結構有名な街道が通っていますが、街道は車が飛ばしてきて結構歩きにくい。街道から少し入った道ですが、歩いてみると昔ながらの白い蔵のある立派な家が残っていて驚かされます。私の住む辺りは、生駒山系の端っこの丘陵地帯です。淀川の湿地に飛びでる形の丘のヘリに住んでいます。そこから歩いて台地を降りて、湿地帯であったろう田んぼ道へブラタモリしてきました。これは不要不急の外出。車検で車を預けて家まで5.5キロ往復11キロ歩いた際の描写です。


  • [4]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:茶肴余
  • 投稿日:2020年 5月 3日(日)21時42分17秒
 
15 子持ち猫雨天練習場に啼く
「コウテン」に苦しんで。でもいい季語を見つけました。

47 春帽子買うてん明日は出勤日
「コウテン」の第2候補。輪番勤務のアクセントは帽子で、という句。でも商店街は自粛中で帽子は買えないだろうと一人時間差つっこみ。

25 ベランダーパスタと決める穀雨かな
家の庭にイタリアンパセリが何度目かの挑戦の結果、生育に成功。それで出来た句です。

36 明日すら未踏郷なり海市見ゆ
「人生で初めて」なんてお題 出すんじゃなかった。ちっともできゃしない。でも皆さんのはとても面白い。

41 春の小川15秒だけ詩人面
近所を散歩したときの句です。われながら観察心のない男、情けないです。

  • [3]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:踏尾
  • 投稿日:2020年 5月 3日(日)18時51分11秒
 
11荒天にはしゃぐがごと藤揺れて
 実は今年自粛とやらでまだ藤を見てないのです。先日春の嵐のような風だったので創作しました。

24草引きにいささか精出せ穀雨なり
 この句を作った後、庭の剪定をしました。いままで植木屋任せでしたが、6.7年振りになりますが、自分でやった庭木の清々しいこと!

35蕨煮る初の古稀まで幸くとや
 ゴルフ場の人から蕨をもらい、湯がいたり煮たり。苦くて美味しい。

42裸足にて床板を踏む夏近し
 靴下脱いで床を踏めるのが心地よかった。

49石の音もこの春の碁はくすみあり
 自粛とかで恒例の囲碁対局もネットですることに。何か感じでんわ。


  • [2]
  • 名乗りと自解です。

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 5月 3日(日)16時47分7秒
 
16 ままならぬ後転倒立れんげ草
 車検の日、今回は代車を頼まずショッピングモールで時間をつぶす予定だったのですが、コロナ騒ぎでそうもいかなくなり、家庭菜園の点在する農業地帯をぶらぶら。レンゲソウがきれいでした。そこから、昔、とにかく器械体操が全然だめだった子供時代を思い出して。

22 カセットガスちび耕耘機穀雨かな
 災害にそなえてカセットガス機器をあれこれ。カセットガスストーブとか、カセットガス炉端焼き器とか。そのうち家庭菜園を借りることがあったら、カセットガス耕耘機も欲しい。

32 朧なるエリーザベトの物語
 このお題は難渋しました。で、苦し紛れに立原道造の詩「はじめてのものに」を本歌取り(?)。ウチに下宿していた大学生の影響で、よくわからないまま愛唱していました。

46 溜池にステイホームの残り鴨
 これも車検の日の風景から。交通量の多い国道一号線沿い、あまり自然の感じられない、ゴミの浮いた殺風景な溜池があって、でも、1羽か2羽の残り鴨がバタバタわがもの顔で飛び回っていました。

50 チュウリップ十万本せめて磔刑に
 観光客が来ないようにちょんぎったチューリップが10万本と聞いておどろきました。花には何の罪もないのに。「コロナ自警団」とか物騒な用語が飛び交ったりして、いやな感じの世の中です。

  • [1]
  • 名乗り・自解

  • 投稿者:不孤
  • 投稿日:2020年 5月 3日(日)15時27分59秒
 
14 自転公転猛スピードや鳥雲に
ネットからの引き写しですが、
  地球は音速を越えるとてつもない速度で自転公転しているのだ。
  マッハ(音速) は、約 1,224Km/hで、
  地球の自転速度は、 約 1,670Km/h(音速の 1.36倍) ←新幹線の速さ280km/hの約6倍
  地球の公転速度は、約10万6千900Km/h(音速の87.3倍)
宇宙から見た速度ということですが。

21 庭土の黒やわらかき穀雨かな
おとなしめにつくってみました。

31 双子われら母娘と見られ苦蓬
若い頃は姉弟に見られていた(もちろん私が弟)のが、今は娘と老母に。父がまだ元気で車いす押してくれてた時は夫婦に見られ、それよりショックだったのが、8つ上の男性と一緒だった時に彼の知り合いにばったり会って「お母さん?」。それが5、6年前かな。


44 緑立つ世の混迷を関知せず
松の新芽がすっくと伸び立つ季節。

48 芍薬のひらききつたる不敵かな
チューリップもそんな感じ。