• [0]
  • 第45回名乗りはこちらから、21日締切

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 3月16日(月)16時23分29秒
 
得点集計
捲れそうな街を蒲公英ピン止めす 7
啓蟄やホモ・ルーデンス封じ込め 3
山盛りの白飯のごと白木蓮  3
啓蟄やウイルス喰らうもの出でよ  2
珈琲滓濃ゆくすき込み春の土  2
人類の洞が峠に春霞  2
春暁の覆面列車だんまりと  2
蟄居せる毒虫どもにも春は春  2
啓蟄や不精の虫も起き出せり   1
ウイルスに自粛萎縮の日永かな  1
濃き淡きありて光の芽吹山  1
蟄雷や不安の無限スパイラル  1
濃き淡きロマンスのごと春うらら  1
退屈なコロナ蟄居や風光る  1
庭の隅とぼけた名前で凜と咲き  1
六字名号七字名号フリージア  1
人朧濃いも淡きも刹那なり  1
春の塵裸王の命に叛旗やも  1
大利根の流れは豊か草萌ゆる  1
信濃路や野仏 拝み春をゆく  1
濃いワイン飲み干してつらつら椿  1

***************************
名乗りは以下からコピペしてお願いします。

「春の植物」」
大利根の流れは豊か草萌ゆる
庭の隅とぼけた名前で凜と咲き
六字名号七字名号フリージア
捲れさうな街を蒲公英ピン止めす
戦果つ子守神社の花菜風
庭に春今年も菫蒔き忘れ

「濃」
濃き淡きロマンスのごと春うらら
信濃路や野仏 拝み春をゆく
人朧濃いも淡きも刹那なり
濃いワイン飲み干してつらつら椿
珈琲滓濃ゆくすき込み春の土
濃き淡きありて光の芽吹山

「啓蟄、虫」
啓蟄やコロナうようよ後退り
蟄雷や不安の無限スパイラル
退屈なコロナ蟄居や風光る
啓蟄やホモ・ルーデンス封じ込め
蟄居せる毒虫どもにも春は春
啓蟄や無精の虫も起きだせり

「雑詠」
電線をぶらんこに棕櫚つつきをり
風光る美竹(みたけ)通りを夫とゆく
ウイルスに自粛萎縮の日永かな
春の海のたりのたりと影ふたつ
春暁の覆面列車だんまりと
山盛りの白飯のごと白木蓮
偏狭の吾見いだせり若布はむ
啓蟄やウイルス喰らふもの出でよ
耳遠くなったこと口にする春
春の塵裸王の命に叛旗やも
人類の洞が峠に春霞

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [7]
  • 個人別特典集計です。

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 3月20日(金)17時54分13秒
 
不孤さんの1句を選句対象に入れそこねました。申し訳ありません。
今回は参考得点です。


疲労子       計15点
捲れそうな街を蒲公英ピン止めす 7
珈琲滓濃ゆくすき込み春の土  2
春暁の覆面列車だんまりと  2
啓蟄やウイルス喰らうもの出でよ  2
人類の洞が峠に春霞  2

不孤        計6点+α
六字名号七字名号フリージア  1
汚染水濃度は聞かず3・11  1
啓蟄やホモ・ルーデンス封じ込め 3
電線をぶらんこに棕櫚つつきをり
ウイルスに自粛萎縮の日永かな  1

夏天        計5点
戦果つ子守神社の花菜風
濃いワイン飲み干してつらつら椿  1
蟄雷や不安の無限スパイラル  1
風光る美竹(みたけ)通りを夫とゆく
山盛りの白飯のごと白木蓮  3

踏尾        計5点
庭の隅とぼけた名前で凜と咲き  1
濃き淡きロマンスのごと春うらら  1
蟄居せる毒虫どもにも春は春  2
春の塵裸王の命に叛旗やも  1
春の海のたりのたりと影ふたつ

実理        計4点
大利根の流れは豊か草萌ゆる  1
信濃路や野仏 拝み春をゆく  1
濃き淡きありて光の芽吹山  1
啓蟄やコロナうようよ後退り
退屈なコロナ蟄居や風光る  1

茶肴余       計2点
庭に春今年も菫蒔き忘れ
人朧濃いも淡きも刹那なり  1
啓蟄や不精の虫も起き出せり   1
偏狭の吾見いだせり若布はむ
耳遠くなったこと口にする春


  • [6]
  • 自句と自解

  • 投稿者:実理
  • 投稿日:2020年 3月20日(金)16時29分13秒
 
大利根の流れは豊か草萌ゆる
中、高と利根川の渡船通学たったので。だだし私の町も対岸の街も岸壁でした。上流へ行けば草萌えです。

信濃路や野仏拝み春をゆく
昔歩いたことがあります。野仏が多いいと感じました。

濃き淡きありて光の芽吹山
新芽のグラデーションは綺麗です。

啓蟄やコロナうようよ後退り
虫も此の世に出たくないかと、、、

退屈なコロナ蟄居や風光る
何処へも行けず退屈してます。

  • [5]
  • 名乗り・自解

  • 投稿者:不孤
  • 投稿日:2020年 3月20日(金)15時10分46秒
 
六字名号七字名号フリージア
フリージアを見ると、口から六字名号を吐き出している空也上人像が浮かぶので。

汚染水濃度は聞かず3・11
投句したのですが…?

啓蟄やホモ・ルーデンス封じ込め
ありがとうございました。

電線をぶらんこに棕櫚つつきをり
季語は「ぶらんこ」のつもり。鵯がたるんだ電線をブランコみたいに揺らして、6メートルぐらいの棕櫚の幹?をつついている様子を詠みました。

ウイルスに自粛萎縮の日永かな
上五は「世はなべて」に替えます。


  • [4]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:茶肴余
  • 投稿日:2020年 3月19日(木)20時41分53秒
 
庭に春今年も菫蒔き忘れ
 小さな庭ですが菫を咲かせたいのでずっと前から種を買ってあるのですが、いつも蒔き時を忘れて、春になって蒔かなかったことに気づくのです。

人朧濃いも淡きも刹那なり
 なにごとも刹那のうちに転変します

啓蟄や無精の虫も起きだせり
 あったかくなってみんな外にでて体を動かしたくなるんでしょうけど、私はそんなことない。本質は出無精です。

偏狭の吾見いだせり若布はむ
 自分は偏狭な考え方をもっていない…とおもっていたんですが、どうもそうでもないです。ワカメを食いながら人に全く寛容じゃないことに気づきました。

耳遠くなったこと口にする春
 偏狭とともに耳が遠くなってきたことにも気づきました。

  • [3]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 3月19日(木)18時06分9秒
 
捲れさうな街を蒲公英ピン止めす
 近所の廃止された市営無料駐輪場跡、アスファルト割れ目から蒲公英が生えていました。1日150円という鉄道会社の有料駐輪場しかなくなったのに腹を立てて駅まで徒歩で通勤中に、まるで蒲公英の方が地面がめくれるのを押さえてるみたいだと感じて。

珈琲滓濃ゆくすき込み春の土
 我が家では、土嚢を使った堆肥づくりがブーム中。僕は何もしないのですが、精米所で無料でもらった米糠と毎日のコーヒー滓で香りのいい春の土ができる予定。

春暁の覆面列車だんまりと
 朝6時台の通勤列車は、もともと静かなのですが、大半の人がマスクをして、日に日に空いていくのは、何か不気味なのです。

啓蟄やウイルス喰らふもの出でよ
 やつらが変異するなら、その天敵も変異するのに期待。

人類の洞が峠に春霞
 ハラリさんとかダイアモンドさんによる人類史の新しい知見に触れるにつけ、「洞が峠を決め」たくなる私。現地はうちから車で10分ほどのところです。

  • [2]
  • 名乗りと感想です。

  • 投稿者:夏天
  • 投稿日:2020年 3月19日(木)17時16分23秒
 
戦果つ子守神社の花菜風
 長岡京市にある子守神社という名の神社に行ってきました。
 水を守るという意味らしいのですが、
 明智が負けた大山崎の側だったので、明智もここを通ったかしらと思いつつ。

濃いワイン飲み干してつらつら椿
 ペットボトルの甘めのワイン。私のような下戸にったり。ちょうど椿がどこにも咲いているので。

蟄雷や不安の無限スパイラル
 雷に打たれたごとくにコロナウィルスの出現。ウィルスの変幻自在の生命力を恐れ、共存して抗体を作るしかないように思います。でも、世界は不安が増大。止まらないこの悪循環。

風光る美竹(みたけ)通りを夫とゆく
 「うつくしたけ」と読むのかなと思っていたのですが、調べてみて「みたけ」と読むのだとわかった次第。長岡京市の固有名詞。略さず言えば「風光美竹通り」だったので。

山盛りの白飯のごと白木蓮
 近所の家の白木蓮が満開。本当に白飯みたいでした。


  • [1]
  • 自句と自解

  • 投稿者:踏尾
  • 投稿日:2020年 3月17日(火)20時11分38秒
 
庭の隅とぼけた名前で凜と咲き
庭で白い花をつけてる木瓜(ボケ)を紛れ込ませた物名の句?です。

濃き淡きロマンスのごと春うらら
三寒四温。うららかさも行ったり来たりですね。

蟄居せる毒虫どもにも春は春
蚊も蜂も毒蛾どももじきに地の底から這い出でてこようぞ...

春の塵裸王の命に叛旗やも
検事長の定年延期に某党内でも異議が出たとか...しかし霞の中です。

春の海のたりのたりと影ふたつ
愛知県佐久島ののんびりした浜辺です。水が透き通りきれいでした。