• [0]
  • 第42回名乗りはこちらから、29日締切

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月26日(日)10時27分26秒
 
得点集計表  得点
24  聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ 5
35  口内炎七草粥の慈しみ 4
52母呪文となへ俎上のなづな打つ 4
13降雪に骨折ちらつくお年頃 2
14起き抜けの街深閑と雪布団 2
15  降らぬ雪地球の悲鳴かも知れず 2
21  耳たぶの固さのうどんなっと汁 2
48淡き陽を分け合い凛と冬菫 2
51お気楽な妖精さんと玉子酒 2
11  雪空や暖簾くぐるか帰らんか 1
12ひと雪ごと捲りしページ青年期 1
16畏みて祝詞ひたすら雪を乞ふ 1
22耳へ口寄せて内緒と冬麗 1
31  口苦き良薬滲みる春隣 1
32(読める?)目-==口口|==+お目出たし 1
36尖んがらす口の先から霜焼る 1
43大震災確率高くも櫃まぶし 1
44小松菜も庫中黄葉小正月 1
45氷点の北京やスープの香漏れり 1
50顰みの殿ザザムシ食みつ燗の酒 1

***************************
名乗りは以下からコピペしてお願いします。

「雪」
11雪空や暖簾くぐるか帰らんか
12ひと雪ごと捲りしページ青年期
13降雪に骨折ちらつくお年頃
14起き抜けの街深閑と雪布団
15降らぬ雪地球の悲鳴かもしれず
16畏みて祝詞ひたすら雪を乞ふ

「耳」
21耳たぶの固さのうどん納豆汁
22耳へ口寄せて内緒と冬麗
23耳に入る主婦らの悩み冬のカフェ
24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
25空っ風イヤマフ小僧群れ走る
26女王の目耳は新春銀幕に

「口」
31口苦き良薬滲みる春隣
32(読める?)目-==口口|==+お目出たし
33口癖は歩け歩けと春隣
34今年もまた麻生太郎の減らず口
35口内炎七草粥の慈しみ
36尖んがらす口の先から霜焼る

「雑詠」
41初笑いづれ圓歌かきみまろか
42恵方なり寄席一筋のロケット団
43大震災確率高くも櫃まぶし
44小松菜も庫中黄葉小正月
45氷点の北京やスープの香漏れり
46建て替はる街道家並み春兆す
47働かぬ妖精まよふ冬の街
48淡き陽を分け合い凛と冬菫
49京北山猪道に置く括り罠
50顰みの殿ザザムシ食みつ燗の酒
51お気楽な妖精さんと玉子酒
52母呪文となへ俎上のなづな打つ

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [7]
  • 個人別得点集計です

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月29日(水)21時48分32秒
 
実理        計9点
14起き抜けの街深閑と雪布団 2
22耳へ口寄せて内緒と冬麗 1
33口癖は歩け歩けと春隣
48淡き陽を分け合い凛と冬菫 2
52母呪文となへ俎上のなづな打つ 4

茶肴余       計7点
11  雪空や暖簾くぐるか帰らんか 1
25空っ風イヤマフ小僧群れ走る
35  口内炎七草粥の慈しみ 4
45氷点の北京やスープの香漏れり 1
50顰みの殿ザザムシ食みつ燗の酒 1

不孤        計6点
16畏みて祝詞ひたすら雪を乞ふ 1
24  聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ 5
34今年もまた麻生太郎の減らず口
41初笑いづれ圓歌かきみまろか
42恵方なり寄席一筋のロケット団

疲労子       計6点
12ひと雪ごと捲りしページ青年期 1
21  耳たぶの固さのうどんなっと汁 2
36尖んがらす口の先から霜焼る 1
49京北山猪道に置く括り罠
51お気楽な妖精さんと玉子酒 2

踏尾        計5点
13降雪に骨折ちらつくお年頃 2
26女王の目耳は新春銀幕に
32目-==口口|==+お目出たし 1
44小松菜も庫中黄葉小正月 1
43大震災確率高くも櫃まぶし 1

夏天        計3点
15  降らぬ雪地球の悲鳴かも知れず 2
23耳に入る主婦らの悩み冬のカフェ
31  口苦き良薬滲みる春隣 1
46建て替はる街道家並み春兆す
47働かぬ妖精まよふ冬の街


  • [6]
  • 名乗りと感想です。

  • 投稿者:夏天
  • 投稿日:2020年 1月29日(水)19時04分33秒
 
15降らぬ雪地球の悲鳴かもしれず
 今年の異常気象。私たちは何をすればよいのか。

23耳に入る主婦らの悩み冬のカフェ
 マックカフェに平日の午前十一時に行ったら、
教育の悩みを隣の席でお母さん方が話していました。

31口苦き良薬滲みる春隣
 忠言に耳に逆らい、良薬に口に苦い。しみじみ感じる今日この頃。

46建て替はる街道家並み春兆す
 京街道の古い家が壊されて、新築のアパートラッシュです。
相続税対策かな。わびしいですが、致し方ありません。

47働かぬ妖精まよふ冬の街
 自分も働かず平日の街をさまよっていたのですが、
若者は働き、老いたるものは街をさまよっている、そんな印象を受けました。
イギリスでも仕事を退職した人たちへの仕事ロス対策のため担当大臣がいて予算を付けているそうです。「妖精」というのは近頃、よい給料をとりながら時流に適応できず働いてない人を指すとのこと。

  • [5]
  • トップページへ行ってしまった。

  • 投稿者:実理
  • 投稿日:2020年 1月27日(月)19時48分59秒
 
名乗りがどうしてか分からないのですが、トップページへ行ってしまいました。そこをみて頂ければと思います。すみませんが宜しくお願いいたします。

  • [4]
  • 名乗り・自解

  • 投稿者:不孤
  • 投稿日:2020年 1月27日(月)18時50分29秒
 
16畏みて祝詞ひたすら雪を乞ふ
大雪でも困るし降らないのも困る。なかなか人間の都合には合せちゃくれない。

24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
自分、耳もかなり悪いので、テレビはニュースとスポーツとバラエティー以外は字幕付き。NETFLIXは邦画や日本のアニメでも字幕が付くのでありがたい。

34今年もまた麻生太郎の減らず口
「日本は単一民族」なんて昭和40年代後半でも問題発言だったような。

41初笑いづれ圓歌かきみまろか
42恵方なり寄席一筋のロケット団
正月二之席の末廣亭。昼の部のトリが去年3月に襲名した四代目三遊亭圓歌でした。顔もしゃべり方もきみまろにそっくりなんです。同じ鹿児島出身だし。ロケット団はテレビにはあまり出ないけど面白いです。ツッコミの方が、高校の同級生の娘の旦那さん。

踏尾さんの謎解き、イマイチすっきりしませんです。



  • [3]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月27日(月)16時49分44秒
 
12ひと雪ごと捲りしページ青年期
 関西に来てから40年余り。一面の雪の記憶は青年期のものばかりです。その故郷も、今年は全然雪がないのだとか。

21耳たぶの固さのうどん納豆汁
 納豆汁にうどんを入れる習慣はないのですが、関西暮らしが長くなると組み合わせてみたくなりました。

36尖んがらす口の先から霜焼る
 少年の頃、3歳下の妹と庭に積もった雪で一日遊んでいた記憶があります。

49京北山猪道に置く括り罠
 大学時代の後輩の勧めで千松信也さんの本を読んでいます。京都市内で今も罠猟を続けている。吉田寮のずーっと後輩に当たるようです。そのうち会ってみたい。

51お気楽な妖精さんと玉子酒
 「妖精さん」という言葉を最近知りました。批判めいてもいるけど、ユーモラスなところがいい。

 踏尾さん、インフルエンザ大変でしたね。そんななかで暗号を作ったのが凄い。

 茶肴余さん、中国行きご苦労さま。下手するとコロナウイルス騒ぎに巻き込まれるところでしたね。

  • [2]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:茶肴余
  • 投稿日:2020年 1月26日(日)23時06分33秒
  • 編集済
 
11雪空や暖簾くぐるか帰らんか
 ところがやはり帰らないのですね。

25空っ風イヤマフ小僧群れ走る
 私はこのイヤマフが好きで、ただしよく忘れます。それはともかく、ただ広がりも深まりもありません。

35口内炎七草粥の慈しみ
 共感いただき、ありがとうございます。
 胃が荒れると必ず口の中を噛んでしまい口内炎になります。

45氷点の北京やスープの香漏れり
 八角の効いたチキンスープの香りが朝の街に流れてます。でもその情景を詩にできない。

50顰みの殿ザザムシ食みつ燗の酒
 最初は「口中の川虫」というテーマで創り始めて、徳川家康の顰像がオーバーラップしてきました。

踏尾さん
「目-==口口|==+お目出たし」の句、参りました。
特に「|=」が「に」というのは鮮烈
いつか私も!

  • [1]
  • 自句と自解です

  • 投稿者:踏尾
  • 投稿日:2020年 1月26日(日)19時16分26秒
 
先週金曜までに作っておいた試作でした。日曜日以来インフルエンザで3日3晩飲まず食わずが続き、体重も4kg減りました。アルコールも約一週間飲まないで過ごしましたよ。


13降雪に骨折ちらつくお年頃
雪がないのになぜか何十年ぶりにスキーに行きたくなったのですが、コウセツとコッセツがともに気になってしまいました。

26女王の目耳は新春銀幕に
MI6は女王の目と耳。でも、実際の女王の目と耳はお正月映画のジェームズ・ボンドの方に向いてるよ、というお話しです。

32目-==口口|==+お目出たし
目ひく二は口、口に(|と=)二足し、お目出たし。お粗末様でした。

43小松菜も庫中黄葉小正月
そうか、コ音の連続は意図しませんでした。冷蔵庫内の困った状況が句となりました。

44大震災確率高くも櫃まぶし
日本中で災害が続く中、ここ名古屋は災害に遭っておらず怖い日々を送っていますが、ともあれ、正月に高級料理を食したのです。うなぎの季節は夏でした...