• [0]
  • 第42回選句と選評26日深夜締切

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月22日(水)20時54分7秒
 
選句の持ち点は一人計6点、選1点、特選2点。1点句×6句でも、特選1句+並選4句でも合計6点であれば配分は自由。
選句した句について、コメントもお願いします。
締切は26日(日)深夜です。(選が揃ったら繰り上げることもあります)

「雪」
11雪空や暖簾くぐるか帰らんか
12ひと雪ごと捲りしページ青年期
13降雪に骨折ちらつくお年頃
14起き抜けの街深閑と雪布団
15降らぬ雪地球の悲鳴かもしれず
16畏みて祝詞ひたすら雪を乞ふ

「耳」
21耳たぶの固さのうどん納豆汁
22耳へ口寄せて内緒と冬麗
23耳に入る主婦らの悩み冬のカフェ
24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
25空っ風イヤマフ小僧群れ走る
26女王の目耳は新春銀幕に

「口」
31口苦き良薬滲みる春隣
32(読める?)目-==口口|==+お目出たし
33口癖は歩け歩けと春隣
34今年もまた麻生太郎の減らず口
35口内炎七草粥の慈しみ
36尖んがらす口の先から霜焼る

「雑詠」
41初笑いづれ圓歌かきみまろか
42恵方なり寄席一筋のロケット団
43大震災確率高くも櫃まぶし
44小松菜も庫中黄葉小正月
45氷点の北京やスープの香漏れり
46建て替はる街道家並み春兆す
47働かぬ妖精まよふ冬の街
48淡き陽を分け合い凛と冬菫
49京北山猪道に置く括り罠
50顰みの殿ザザムシ食みつ燗の酒
51お気楽な妖精さんと玉子酒
52母呪文となへ俎上のなづな打つ

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [6]
  • 選句と感想

  • 投稿者:実理
  • 投稿日:2020年 1月25日(土)18時34分12秒
  • 編集済
 
11  雪空や暖簾くぐるか帰らんか
帰るのが正解

15  降らぬ雪地球の悲鳴かも知れず
地球の温暖化は怖い。

21  耳たぶの固さのうどんなっと汁
うどんをいれればさらに美味しそう。

24  聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
極楽耳がいいね。季語もぴったり。

31  口苦き良薬滲みる春隣
春になれば治りますよ。

35  口内炎七草粥の慈しみ
慈しみがいいね。

  • [5]
  • 選句と選評です

  • 投稿者:茶肴余
  • 投稿日:2020年 1月25日(土)00時07分48秒
  • 編集済
 
〇13降雪に骨折ちらつくお年頃
〇14起き抜けの街深閑と雪布団
〇24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
〇36尖んがらす口の先から霜焼る
〇48淡き陽を分け合い凛と冬菫
〇52母呪文となへ俎上のなづな打つ

〇13降雪に骨折ちらつくお年頃
 骨折がちらつく……雪だけに

〇14起き抜けの街深閑と雪布団
 「起き抜けの街」っていいですね

〇24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
 聴こえないことのほうが幸せなのかも。義父は平和そう微笑んでいました。

〇36尖んがらす口の先から霜焼る
 おもしろいシーンですね。寒い地方のデートで拗ねたのかな。

〇48淡き陽を分け合い凛と冬菫
 なんとなく優しくなります

〇52母呪文となへ俎上のなづな打つ
 前の日の夜にこういう詞で囃して七草を叩くんですね。知らなかった……聴いてみたい
七草なずな 唐土の鳥が
日本の土地へ 渡らぬ先に
七草なずな 手に摘み入れて
亢觜斗張(こうしとちょう)

気になる>32(読める?)目-==口口|==+お目出たし
きっとPCのキーボードのキーの位置と関係があるとおもったのですが。「=」は「ほ」とか。でも違うわね。

  • [4]
  • 選句と選評です

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月24日(金)18時01分6秒
 
○15降らぬ雪地球の悲鳴かもしれず
 荒っぽい気候変動に右往左往するばかりで、地球の悲鳴を聞き逃しているのかも知れません。グレタさんにはそれがきこえている。

○24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
 地獄耳に対する極楽耳と言い切るのがユーモラス。日向ぼっこを十倍楽しめそう。

○35口内炎七草粥の慈しみ
 お正月の暴飲暴食で口内の粘膜が荒れたのを七草粥で癒す。昔の人の知恵に救われる思い。

○44小松菜も庫中黄葉小正月
 「こ」の繰り返しが楽しい。庫中黄葉も使ってみたくなる素敵な表現ですね。

○45氷点の北京やスープの香漏れり
 氷点下で嗅ぐ中華スープの香り、常にも増して美味しそう。

○52母呪文となへ俎上のなづな打つ。
 僕は聴いたことがありませんが、七草粥の薺を打つのにお囃子があるらしいですね。それを「母呪文」と言ってしまったのが楽しい。


  • [3]
  • 選句・感想

  • 投稿者:不孤
  • 投稿日:2020年 1月24日(金)17時20分43秒
 
○13降雪に骨折ちらつくお年頃
凡人なら「齢かな」と納めるものを「お年頃」としゃれこんだところに一票。

○21耳たぶの固さのうどん納豆汁
納豆汁ってうどん入れるんですか? 知らんかったあ。

○32(読める?)目-==口口|==+お目出たし
読めません。こんなけったいなもんを投げてきた蛮勇に一票。

○35口内炎七草粥の慈しみ
まことにそのとおり。

○50顰みの殿ザザムシ食みつ燗の酒
家康公ですかね。

○51お気楽な妖精さんと玉子酒
妖精おじさん、玉子酒飲まんと休んでくれたらええのに。


  • [2]
  • 選句と感想です。

  • 投稿者:夏天
  • 投稿日:2020年 1月23日(木)18時06分56秒
 
〇12ひと雪ごと捲りしページ青年期
〇24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
〇35口内炎七草粥の慈しみ
〇43大震災確率高くも櫃まぶし
〇51お気楽な妖精さんと玉子酒
〇52母呪文となへ俎上のなづな打つ

〇12ひと雪ごと捲りしページ青年期
 青年期を思い出す。
〇24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
 地獄耳を極楽耳と言い換えるのはすごい。
〇35口内炎七草粥の慈しみ
 口内炎はつらい。癒やしてくれるのが、七草粥。
〇43大震災確率高くも櫃まぶし
 南海トラフが予想されているけれど、浜名湖のうなぎは美味い。
〇51お気楽な妖精さんと玉子酒
 働かない中高年管理職を「妖精さん」と呼ぶと新聞で読みました。
〇52母呪文となへ俎上のなづな打つ
 なづなは打つと食べやすくなるのかな。七草粥に入れる時するのでしょうか。


  • [1]
  • 選句と選評です

  • 投稿者:踏尾
  • 投稿日:2020年 1月23日(木)11時08分57秒
 
○14起き抜けの街深閑と雪布団
日本全国の雪不足、こうなることを祈って。

○16畏みて祝詞ひたすら雪を乞ふ
もはや祝詞を真剣に上げねばならない状況ですね。

○22耳へ口寄せて内緒と冬麗
ちっちゃなお友達にお話ししてるのでしょうか。和モダンな感じです。

○24聞こえぬは極楽耳よ日向ぼこ
やや傲慢な人物のようですが、日向ぼこに孤独さが漂います。

○48淡き陽を分け合い凛と冬菫
弱々しい冬の陽を分け合う弱々しい菫が実は強いんだ!

○52母呪文となへ俎上のなづな打つ
なずなを俎にするのは少女のままごと...するとお母さんは子供の世界の中に遊んでいる...その口からの呪文は、なずなが美味しくなる呪文??想像がふくらむ句でした。