• [0]
  • 第41回名乗りはこちらから,12日締切

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2020年 1月 9日(木)05時44分38秒
 
得点集計 点数
31偏屈を宥め幾歳花八手 4
42柚湯して柚子のお手玉一二三(ひいふうみい) 4
11売出しの猫も年の瀬猫パンチ 2
14年の瀬やはらはら舞うて往きし日日 2
15宮崎地ビール提げて帰京の晦日かな 2
22初春や大物狙い白発ポン 2
23年新たきのふの凧がけふ上がる 2
26手をつなぐことに慣れよう初詣 2
36  初日射す偏向ガラスの屈折率 2
41岩のごと座す母御背や明の春 2
45ポッキーが箸代わりなり年の酒 2
48叱られた記憶のなくて初御空 2
12吾の影の伸びて早足年の暮 1
25伸び代のあるを念じて年新た 1
26年の瀬や腰の痛みと庭いぢり 1
34  それぞれの偏向レンズ凧あがる 1
43  元旦もおせち晦日もオセチかな 1
49いま一度母の温もり冬銀河 1
51初御空御在所岳の後光かな 1
53共胼にハンドクリーム共白髪 1

名乗りの時にこちらをコピーして下さい。
「年の瀬」
11売出しの猫も年の瀬猫パンチ
12吾の影の伸びて早足年の暮
13自覚無き頑迷固陋が賀状書く
14年の瀬やはらはら舞うて往きし日々
15宮崎地ビール提げて帰京の晦日かな
26年の瀬や腰の痛みと庭いぢり

「年の初め」
21年始め廃校跡のケアハウス
22初春や大物狙い白発ポン
23年新たきのふの凧がけふ上がる
24辞書引きぬ年の初めのためしとて
25伸び代のあるを念じて年新た
26手をつなぐことに慣れよう初詣

「偏向、屈折」
31偏屈を宥め幾歳花八手
32去年今年屈折率を計算す
33初茜この歳で屈折を知る
34それぞれの偏光レンズ凧あがる
35戸を出でて野には遍く仏の座
36初日射す偏光硝子の屈折率

「雑詠」
41岩のごと座す母御背や明の春
42柚湯して柚子のお手玉一二三(ひいふうみい)
43元旦もおせち晦日もオセチかな
44令和初と五輪で踊れ去年今年
45ポッキーが箸代わりなり年の酒
46寒椿つぼみかたくもほの紅く
47一の重に姪の手作り伊達巻も
48叱られた記憶のなくて初御空
49いま一度母の温もり冬銀河
50亡母の知らぬ御節いろいろ松風焼
51初御空御在所岳の後光かな
53共胼にハンドクリーム共白髪

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [7]
  • 第41回個人別得点集計です

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月14日(火)05時19分13秒
 
実理        計11点
12吾の影の伸びて早足年の暮 1
25伸び代のあるを念じて年新た 1
31偏屈を宥め幾歳花八手 4
42柚湯して柚子のお手玉一二三(ひいふうみい) 4
49いま一度母の温もり冬銀河 1

疲労子       計8点
11売出しの猫も年の瀬猫パンチ 2
23年新たきのふの凧がけふ上がる 2
32去年今年屈折率を計算す
45ポッキーが箸代わりなり年の酒 2
48叱られた記憶のなくて初御空 2

夏天        計6点
14年の瀬やはらはら舞うて往きし日日 2
21年始め廃校跡のケアハウス
34  それぞれの偏向レンズ凧あがる 1
41岩のごと座す母御背や明の春 2
51初御空御在所岳の後光かな 1

不孤        計4点
15宮崎地ビール提げて帰京の晦日かな 2
24辞書引きぬ年の初めのためしとて
36  初日射す偏向ガラスの屈折率 2
47一の重に姪の手作り伊達巻も
50亡母の知らぬ御節いろいろ松風焼

踏尾        計4点
26年の瀬や腰の痛みと庭いぢり 1
22初春や大物狙い白発ポン 2
35戸を出でて野には遍く仏の座
43  元旦もおせち晦日もオセチかな 1
46寒椿つぼみかたくもほの紅く

茶肴余       計3点
13自覚無き頑迷固陋が賀状書く
26手をつなぐことに慣れよう初詣 2
33初茜この歳で屈折を知る
44令和初と五輪で踊れ去年今年
53共胼にハンドクリーム共白髪 1


  • [6]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:茶肴余
  • 投稿日:2020年 1月13日(月)22時10分10秒
 
すみません、遅くなってしまいました。ご迷惑をおかけしました。

13自覚無き頑迷固陋が賀状書く
自分の頑迷さを気づかぬままそれを押し付けていること 反省しないと

26手をつなぐことに慣れよう初詣
妻と気楽に手をつなげてません。練習するようなものではないですけど(笑)

33初茜この歳で屈折を知る
光は屈折します。でも理屈がわかりません。

44令和初と五輪で踊れ去年今年
年が変わったり、年号が変わったりしたって大きな流れのようなものは変わらないのに、なぜ何か新しいもの よいものになると思えるのか

53共胼にハンドクリーム共白髪
26と同工です。ハンドクリームを選んでいます(笑)。

  • [5]
  • 名乗り・自解

  • 投稿者:不孤
  • 投稿日:2020年 1月11日(土)10時28分13秒
 
15宮崎地ビール提げて帰京の晦日かな
甥っ子ネタです。いつもは焼酎ですが、今年は地ビール。旨かった。

24辞書引きぬ年の初めのためしとて
「ためし」って何だろうと。慣例だって。

36初日射す偏光硝子の屈折率
無理矢理作りました。

47一の重に姪の手作り伊達巻も
けっこううまくできてました。ロールケーキっぽく。

50亡母の知らぬ御節いろいろ松風焼
四半世紀だから、おせちもあれこれ。



  • [4]
  • 名乗りと感想です。

  • 投稿者:夏天
  • 投稿日:2020年 1月11日(土)06時25分57秒
 
14年の瀬やはらはら舞うて往きし日々
 今年一年もはらはら舞って去ってしまったという感慨でした。

21年始め廃校跡のケアハウス
 故郷に帰って久しぶりに家の周りを散歩したところ、都会のドーナッツ現象で子供が減って、小学校が廃校に。そして、介護施設建設中でした。時の流れ、半世紀の変化を感じました。

34それぞれの偏光レンズ凧あがる
 人それぞれに偏っているなあ、と感じるきょうこの頃です。

41岩のごと座す母御背や明の春
 まもなく96歳になる母なので。

51初御空御在所岳の後光かな
 正月の帰省の際、新名神道路より御在所だけの雪が朝日に美しく輝くのをを見ました。丈高く、由緒のある山の姿に心動かされて。実理さんのおとりいただきありがとうございました。

  • [3]
  • 名乗りと自解

  • 投稿者:実理
  • 投稿日:2020年 1月 9日(木)20時37分59秒
 
12  吾の影の伸びて早足年の暮
影が伸びるとせわしなくなる。

25伸び代のあるを念じて年新た
少しでも伸びれば嬉しい。

31  偏屈を宥め幾歳花八手
偏屈は私です。基本的に偏屈な人間です。

42  柚湯して柚子のお手玉一二三(ひいふうみ)
子供の時の遊びと言えば毬つき、お手玉等でした。

49  いま一度母の温もり冬銀河
星をみると母を思いだします。

  • [2]
  • 名乗りと自句自解

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2020年 1月 9日(木)17時59分17秒
 
11売出しの猫も年の瀬猫パンチ
 買い物ついでにホームセンターのペットショップを覗きに行きます。クリスマス頃から1歳を過ぎた猫が安売りセールで、檻から出して触れるようになっています。でも、なかには機嫌の悪いのもいて、せっかく撫でてあげたのに猫パンチを繰り出して来ました。

23年新たきのふの凧がけふ上がる
 散歩コースに江戸幕府の砲台跡の公園があります。大晦日は風が強すぎて凧揚げの親子が苦戦していましたが、正月にはちょうどいい風で、凧が気持ちよさそうに泳いでいました。

32去年今年屈折率を計算す
 最近、世の中の歪みを感じます。ひと昔前なら政権がひっくり返るようなスキャンダルがあっても、まともな釈明もなく、それで支持率すら大して下がらない。今年はさらに歪むのだろうか。

45ポッキーが箸代わりなり年の酒
 正月2日は名古屋のビジネスホテル。夜中に、いただいてきたオードブルで晩酌と思ったら箸も楊枝もなし、缶ビールのプルリングを無理矢理外してもイマイチ。で、ポッキーが箸代わりとなりました。工夫と代用の1年となるか。

48叱られた記憶のなくて初御空
 息子夫婦が年始に来た時の話。どうもお嫁さんに「お父さんに叱られた記憶がない」と話しているらしいと知りました。そんなことは全然ないのに、まあ、本人の記憶なのだから訂正することもないかと。お母さんに叱られたた記憶だけはあるようでした。

踏尾さん、アナグラムとは気がつかなかった。なるほどね。

  • [1]
  • 自句と自解です

  • 投稿者:踏尾
  • 投稿日:2020年 1月 9日(木)17時07分13秒
 
16年の瀬や腰の痛みと庭いぢり
 こんなときに限って、忙しく痛いのにあれこれいじりたくなるのです。

22初春や大物狙い白発ポン
 正月3日は一日麻雀大会でした。大物狙いは大三元ではなく、人生初めての小四喜という役満でした。運が使い果たされたか、幸運な年の予兆か、おみくじまで大吉!!

35戸を出でて野には遍く仏の座
 世は偏屈に満ちているが、それもこれも仏のまします所だよ、と。偏屈の字をバラしてアナグラム風にしてみました。

43元旦もおせち晦日もオセチかな
 おせちはイオンから、和洋のおせちが届きます。あまり美味しくなかった....

46寒椿つぼみかたくもほの紅く
 我が家の庭の椿は、まだまだ固いつぼみですが、いくつか先が少し赤みを帯びてきました。この句が俳句らしくて自分では○。