• [0]
  • 第40回選句と選評19日深夜締切

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2019年12月15日(日)23時27分45秒
 
選句の持ち点は一人計6点、選1点、特選2点。1点句×6句でも、特選1句+並選4句でも合計6点であれば配分は自由。
選句した句について、コメントもお願いします。
締切は19日(木)深夜です。(選が揃ったら繰り上げることもあります)

「実」
11 譲られし実印重し冬銀河
12 外つ国を経巡りわが家実南天
13 実万両還暦越の同窓会
14 寒空の実生の菊に訳を訊く
15 ラガー等の伏見魂実を結び
16 色味なら実万両より実千両

「天」の字を使って
21 年の酒酔いし天女は夏を舞う
22 寒天に四十七なる影は濃し
23 天網は漏らすほどよし古暦
24 天災の爪痕酷き年暮るる
25 南天の紅からぬつと顔を出し
26 師匠欠席天地人なき納め句座

「踏む」
31 あの街へ銀杏落葉を踏んでゆく
32 薄氷を踏み割り踏み割り歩みけり
33 数へ日の祇園雑踏友とゆく
34 年の暮れ足踏み尾踏み大須行
35 ねんねこや踏切のカンカンが好き
36 踏絵なる悲しき歴史冬北斗

雑詠
41 残り柿へ小鳥中鳥スクランブル
42 焚火好き芋好きの女(ひと)落葉掻き
43 寒昴中村哲といふ生き方
44 年の瀬や欠礼葉書のふえたこと
45 顔見世や京の定食おばんざい
46 大根のおでん切れ込みで分けあう
47 年忘れ四半世紀をひとつとび
48 風の鳴る夜は熱々ののっべ汁
49 夕時雨くぐり昭和の居酒屋へ
50 風のまま長きおしやべり枯れすすき
51 マフラーをちよっと直して背を押す
52 良寛の作為くたして寒椿

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [6]
  • 選句と感想です。

  • 投稿者:夏天
  • 投稿日:2019年12月19日(木)19時02分15秒
 
12 外つ国を経巡りわが家実南天
 いろんな外国を旅したけれど、家に帰って庭の実南天をみるとホッとするのですね。
26 師匠欠席天地人なき納め句座
 インフルエンザにでもなられたのか、お師匠さんが欠席の納め句座とは。
34 年の暮れ足踏み尾踏み大須行
 大須観音の年末は人があふれているのかしらん。
43 寒昴中村哲といふ生き方
 その国のために働いていた人をその国の人があやめるなんて、悲しすぎる。でも、中村さんの心は死なない。
46 大根のおでん切れ込みで分けあう
 なんとも美味しくてあたたかい句。
49 夕時雨くぐり昭和の居酒屋へ
 昭和の居酒屋。ポスターが貼ってあって、古びた木のテーブルでおでんが出てくる。一升瓶もたっぷり置いてある。


  • [5]
  • 選句と感想

  • 投稿者:実理
  • 投稿日:2019年12月18日(水)22時00分19秒
 
14  寒空の実生の菊に訳を訊く
実生の菊って本当にあるんですか?

16  色味なら実万両より実千両
たしかに千両の方が綺麗、万両は葉がじやまをしている,

23  天網は漏らすほどよし古暦
漏らして呉れれば嬉しい人はいる。面白いところに着目。

31あの街へ銀杏落葉を踏んでゆく
銀杏の街路樹が続いている風景か。

41  残り柿へ小鳥中鳥スクランブル
小鳥中鳥が具体的

45  顔見世や京の定食おばんざい
京都には憧れがある。


  • [4]
  • 選句と選評

  • 投稿者:疲労子
  • 投稿日:2019年12月18日(水)19時23分44秒
 
○11 譲られし実印重し冬銀河
 「実印」と来ましたか。冬の夜の重いドラマが目に浮かびます。

○26 師匠欠席天地人なき納め句座
 順位が付かなくわくわくは足りなかったけれど、ラグビーの年はノーサイドで暮れる。

○32 薄氷を踏み割り踏み割り歩みけり
 それって濡れるし、沈むじゃん!とツッコミを入れたくなりますが、そういう無頼な人生なのでしょうね。

○34 年の暮れ足踏み尾踏み大須行
 名古屋の大須観音の初詣でしょうか。人間に混じって狸や狐も渋滞している。

○41 残り柿へ小鳥中鳥スクランブル
 中七の「小鳥中鳥」が新しくて面白い。空中戦を展開しているわけですね。雀と鵯に鴉も参戦、葉の落ちた冬ならではの光景。

○51 マフラーをちよっと直して背を押す
 母が子の防寒チェックする微笑ましい光景。これが妻が夫のでは甘えすぎか。

  • [3]
  • 選句・感想

  • 投稿者:不孤
  • 投稿日:2019年12月18日(水)16時24分48秒
 
○11 譲られし実印重し冬銀河
親から譲られたか夫から譲られたか。成年後見人なら「託されし」だもんね。

○23 天網は漏らすほどよし古暦
空港での顔認証が始まるらしい。防犯カメラにマイナンバー、監視・管理社会は中国だけではないね。

○34 年の暮れ足踏み尾踏み大須行
東京で言うと浅草と中野を合わせたようなところかな。尾踏みって、犬連れ? もちろん踏尾さんを掛けたのだろうけど、面白い。

○36 踏絵なる悲しき歴史冬北斗
世界遺産登録の際に「隠れキリシタン」から「潜伏キリシタン」に変わったのは何故? なんだかテロリストみたい。あ、レジスタンスか。

○46 大根のおでん切れ込みで分けあう
仲良きことはうつくしきかな。

○52 良寛の作為くたして寒椿
あるがまま、無作為と言われる良寛の歌風、書風こそ作為的である、と言っているのか。


  • [2]
  • 選句と選評です

  • 投稿者:茶肴余
  • 投稿日:2019年12月17日(火)21時33分15秒
  • 編集済
 
〇14 寒空の実生の菊に訳を訊く
〇25 南天の紅からぬつと顔を出し
〇32 薄氷を踏み割り踏み割り歩みけり
◎35 ねんねこや踏切のカンカンが好き
〇43 寒昴中村哲といふ生き方


〇14 寒空の実生の菊に訳を訊く
ずっと前から――芽ばえの頃から――気になっていたお前に訊く「なぜ今ここに居る?」と みたいなことかな?

〇25 南天の紅からぬつと顔を出し
 なんだろう 顔を出すのは? 想像が広がります

〇32 薄氷を踏み割り踏み割り歩みけり
 いいリズムですねえ!さらに上七も 「薄氷(うすごおり)」とする手もありますか? くどい?

◎35 ねんねこや踏切のカンカンが好き
  背中の幼児はいくらむずがっていても踏切の音を聴くと泣き止む!鉄オタ誕生(^^)

〇43 寒昴中村哲といふ生き方
 昴――日本では 「統ばる」(=まとまっている)。アラブでは「群衆」「小さきもの」という意味だそうです。 小さきものが生きるためにまとまった。
中村さんの煙草をくゆらせていた写真が印象的



すみません……点はつけさせてもらっていないんですが
51 マフラーをちよっと直して背を押す
 気にかかるのです。自解がたのしみ…

52 良寛の作為くたして寒椿
 言葉の雰囲気が好きなんです。でも意味がわからないのです。辛い。

  • [1]
  • 選句と選評です

  • 投稿者:踏尾
  • 投稿日:2019年12月17日(火)19時43分29秒
 
○11 譲られし実印重し冬銀河
 相当な印鑑、そして相当な不動産?でも、それだけに付随するものも多く、それが冬の銀河のように巨大で重い?キラキラ光っている?ならいいのだけれど...

○23 天網は漏らすほどよし古暦
 粗にして漏らさずとは他人への戒めだが、自分に対しては漏らしてもらわねば困ることも多い。古暦にはその歴史が刻まれているのかな?

○35 ねんねこや踏切のカンカンが好き
 おさないボンかお嬢をかい巻きに包んで電車が通るのを一緒に見てる。昭和の風景が見えます。

○43 寒昴中村哲といふ生き方
 やはりこの句はとらなくちゃ。「百の診療所より一本の用水路」「憲法を実行せよ」

○46 大根のおでん切れ込みで分けあう
 いっぱいのかけそばを分け合うように。それとも、愛する人とふーふーしながら??

○49 夕時雨くぐり昭和の居酒屋へ
 先般、小汚い居酒屋で中国人母娘と同席。注文に困っているようだったので、おでんと牡蠣フライをあげたら喜んでくれた。別れ際に、たくさん日本のメニューにトライしてね、と英語で言ったけれど通じたかなあ??