teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ふるさとの駅

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年11月14日(水)09時51分54秒
  ふるさとの

駅の近くに

今は、実家がある。

友と、その奥さんが降りた駅舎。そして、泊まった旅館。

線路は続いている。
 
 

眼差し

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年11月13日(火)18時36分34秒
  今日は

家族4人で

過ごす日。

こんなにも、

当たり前じゃない。
 

私たちはどこから来てどこへ行くのか

 投稿者:詠像者  投稿日:2018年11月12日(月)00時34分39秒
  写真は眼差し

言葉は握手

「私たちはどこから来てどこへ行くのか」
たまたまお会いした僕らと同じ時代に大学にいたであろう哲学と文学を愛する方が映像を作ったので観に行った。


生きようとすることは恥ずかしいことでない。自分を裏切ることではない。
生きている人たちと同じ前提で話ができる。

生きていることは素晴らしいことなのだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=sy-j_i8zvn0&t=10s&fbclid=IwAR3QqLCqRNoaVu7gTjT8EGM9L5aOUMl5uYG4ukwpX5x6SP7uCDAloeXcfOQ

 

(無題)

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年11月11日(日)13時41分0秒
  黒い気持ちになるけど

今を見ろ。

今、呼吸しろ。

ほれ、生きてるだろう。
 

(無題)

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年11月11日(日)12時18分59秒
  消えそうになった

空と雲

流れる。

泣き出しそうになった時

叔母ちゃんが

グラタンを持ってきてくれた。

食べよう。

食べたいんだ。

生きたいんだ。

オレは、あるだけで生きていていいんだ。
 

心の燠火、松明をもて!松明をともせ!!

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年11月 9日(金)14時38分37秒
  オレが死んだらもったいない!
オレが散ったらもったいない!
オレに燃え尽きられたら困る!
燠火、燠火、人の心にある燠火。
松明をもて、松明をともせ!
オレがしるべになる!
共に行こう!
 

時代

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年11月 9日(金)14時30分41秒
  懐かしくて、震えた。  

木々の色

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月31日(水)11時45分2秒
  うつろう。

自然はホントウに、綺麗だ。
 

祖父母の家

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月22日(月)12時48分0秒
  堀川町の、爺ちゃん婆ちゃんの家に、しばらく住む。  

こほれもしないで

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月20日(土)11時59分12秒
  そんな沢山の水が、地球からこぼれもしないで存在してたなんて


寺山修司
 

少し好き

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月20日(土)11時51分39秒
  父のことは嫌いです。でも少し好きな気もします。いや正直、よくわかりません。でも今は、悲しい気もします。


高橋一生
 

冗談をありがとう

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月19日(金)22時23分26秒
  キヨシロウ、ありがとう。たくさんの冗談を、ありがとう。

甲本ヒロト
 

散歩をする

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月18日(木)11時43分37秒
編集済
  実家の裏の公園  

楽観的に考えられたらなぁ

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月16日(火)10時54分28秒
  大丈夫だよ。地球は丸く、草は緑だ。すべてうまくいく』  

トホホホホ

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月14日(日)10時58分29秒
編集済
  オレは働けないのかもしれない

と思うことはなくなった。

3回目の休職までは、その思いが貫いた。

それから5年間、働けた。

まさかまた、働けなくなるなんて本当には思ってなかった。

油断しちゃダメだよ

は本物の言葉だ。

油断したスキに、カラダが動かなくなった。

限界を超えていたなんて思わなかった。

トホホホホ。

落ちこんだけど、時間を稼いでいこうと思う。上を向いて歩いていく。

まずは、カラダを休め、旬の果物や野菜を食べ、散歩をする。
 

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月14日(日)10時48分12秒
  自分のためだけに撮る、と言ってみるけれど空しい。

どこかと繋がりたいから撮るんだな。
 

撮る

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月13日(土)22時58分14秒
  撮る
 

撮る

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月13日(土)17時29分29秒
  撮る。
 

自分のために撮る

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月13日(土)17時28分10秒
  理屈ぬきで撮る。
 

自分のために撮る①

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月13日(土)17時27分15秒
  ただ、自分のために撮る。
 

清濁併せ持って

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月12日(金)17時44分35秒
  清濁併せもって人生というものは作られていくと、私は身をもってつくづくと思う。


三田佳子
 

カケラもない

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 8日(月)20時46分7秒
編集済
  この三連休、合同チームを率いて勇敢に闘った同志に送った言葉。

「お疲れさん。全国あと一勝まで駆け上がって、なお勝てなかったと反省する謙虚さはYの凄さ。

でも、それで何か重いものを君が背負う必要はカケラもない。勝つのは、実績ではないし使命でもない。育て、未来に送り出すのがオレらの仕事だし実績。

来春までも大変だろうし、来春からもまたTE中学校は大変だと思う。だけど、Yにしかできないベースボールをしてほしい。

正直、新チームになってオレはもがき苦しんでいる。思うようにいかない。一気に勝てるチームにしようと身を削って体調も崩した。A野球の呪いから、逃れられないでいる。A先生とも、うまくやってるようでどっかやりづらい。この夏から合同チームを組んでいるB先生とも
。2人ともこの管内の野球の顔だし、50の齢。気遣うでや。

今度、諸々を笑って話そうぜ。したらなー。」





友よ。13年教師やっても、色々あるなぁ(笑)。笑ってまかない、しのごうぜ。
 

撮る

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 8日(月)00時00分24秒
  義理の弟の部屋で寝ています。

パパのイビキうるさくて寝れな~い、って。
 

撮る

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 7日(日)23時44分40秒
  チョビッとずつ。
 

撮る

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 7日(日)23時42分51秒
編集済
  異動して、ちょっと倒れた。

勘弁してくれよと言う間も無く、仕事はふくれあがった。容量オーバー。

転んだら、立ち上がる。転んでも、ただでは起きない。

3日休んで、ヨロヨロ歩き出したら、「撮る」が横にいた。
 

迷子

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 7日(日)18時47分21秒
  ぼくは考えるのが下手だから、よく迷子になっちゃうんだ。


くまのプーさん
 

なにもしない

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 7日(日)18時46分21秒
  なにもしない、のが大切


くまのプーさん
 

降りた駅

 投稿者:詠像者  投稿日:2018年10月 7日(日)00時30分18秒
  家庭訪問のために東小金井の駅に降りた
全く変わってしまった街を
一人歩いた

あの小学校への路地裏道や
あの駄菓子屋さん
あの薄暗い定食屋
あの足の悪いパン屋さん
「あの頃」はどこへ行ったのだろうか

昔、オリンパスペンを片手に
先を歩いていた友が
笑顔で振り返りながら
写真を撮っていた

今も笑顔できっと写真を撮っているだろのだろう

今も続いているあの街の先
 

生き方

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 6日(土)20時05分36秒
  人は生き方を見ている。苦しい時にどうふるまい、どう生きているかが大事だと思う。

イチロー
 

長く強く

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 6日(土)19時59分47秒
  長く強くありたい

イチロー
 

トトロの森 10/6

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 6日(土)12時39分58秒
  今日は休みで明日が学校祭。
 

隅っこ

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 5日(金)22時24分41秒
  隅っこに

いることに決めた。

隅っこから見える景色を、自分の本物にしてあげなくちゃならない。

 

宣言

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 1日(月)20時25分9秒
  オレは

率先垂範をやめる!
 

蟻の巣

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年10月 1日(月)19時50分15秒
  蟻の巣に気づくのは

子どもの眼をもらった時。

ぼくたちの視座は

高くて視えにくい。

 

果たせている

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月30日(日)16時48分23秒
  人生の夢は果たせている。


幡野広志
 

ライスワークとライフワーク

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月30日(日)16時12分31秒
  ライスワークは、教育公務員。

ライフワークは、人と生きること。人と人を繋ぐこと。
 

トトロの森

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月30日(日)15時43分53秒
編集済
  現在とは、過去である。現在とは、未来である。現在だけが、ない。ただ、歩み去るのみ。 だとしたら、撮ることは、現在を時の袋小路にいざなう営為なのだろうか。
 

トトロの森(家の近くの大きな公園)

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月30日(日)12時31分5秒
  また、はじまる。  

私は選ばない

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月29日(土)15時35分26秒
  裸足で 迷って また出会う景色 Life 私はそれを知っているんだ What is life 君にも見えているのだろうか
どこまでも続く雲海を 駆け抜ける 胎動 こんな痛みなど こんな鎖など 前に進む 動力 過去は空に溶ける
and you'll see a contrail
いま 生きるこの時が なにかの間違いで もし あの分岐点へ 戻れるとしても 私は 選ばない 答えは自分で探す 仮定に 意味はない そこに君がいないなら
Life 私はそれを知っているんだ

What is life
君にも見えているのだろうか どこまでも続く雲海を 駆け抜ける 胎動 こんな痛みなど こんな鎖など 前に進む 動力 過去は空に溶ける
and you'll see a contrail I didn't know then what I know now I didn't know then what I know now
諦めたら また 未来は閉じる 多数に押し出され こぼれ落ちるため息 追いかけ うつむけば 水たまりに架かる 飛行機雲 Life 私はそれを知っているんだ What is life 君にも見えているのだろうか どこまでも続く雲海を 駆け抜ける 胎動 こんな痛みなど こんな鎖など 前に進む 動力 過去は空に溶ける and you'll see a contrail


安室奈美恵
 

なぜ?

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月27日(木)17時02分49秒
編集済
  なぜNPOで働いてるの?

子どもたちを幸せにしたいからです


ただ分かりたい

もっと理解できるはず

松永晴子
 

うつの季節

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 9月26日(水)20時20分47秒
  ショボく脆い自分を笑い飛ばし、

うつを食う。
 

プラス思考

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 8月25日(土)19時44分37秒
  プラッチコウ


みやぞんの母
 

雨と教え子

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 8月25日(土)18時59分11秒
編集済
  台風が

通り抜けていった

土曜日。

ザンザンぶり。

雨だらけの中

僕は教え子と野球をしていた。

昔の教え子も

今の教え子を教えに

グラウンドに来てくれた。

これってなんだ。

これってなんだ。

言葉にはしたくない、感傷の肌触り。

感傷の、肌触り。
 

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 8月23日(木)21時05分35秒
  仕事が終わって

車に乗って

片道45分

夜ははじまってゆく

目を通る景色の

確かさよりも不確かさが

生きていることの実際を象る

「家に帰ろう」

このノンベリとした思いの中に夜が広がってゆく。
 

一燈照隅

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 8月10日(金)17時27分52秒
  一燈照隅 万燈照国
(いっとうしょうぐう
ばんとうしょうこく)

<意味>

一人ひとりが
自分の身近の一隅を照らす。

それだけでは
小さいあかりかもしれないが、
その一隅を照らす人が増えていき、
万のあかりとなれば、
国全体を照らすことが出来る。


最澄
 

うじうじしていたら

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 8月10日(金)17時21分10秒
  目的を達成する為には人間対人間のうじうじした関係に沈みこんでいたら物事は進まない。
大久保利通

 

血のにおいすら

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 7月29日(日)14時07分38秒
   27日、第100回全国高校野球選手権記念大会の西兵庫大会決勝が行われ、明石商が姫路工を6―3で下して夏の甲子園初出場を決めた。過去3年連続決勝で敗れており、「4度目の正直」。ゲームセットの瞬間、ベンチを飛び出し、少年のように飛び跳ね、何度もガッツポーズを繰り出したのが、私の「人生の師」、同校を率いる狭間善徳監督だ。

 私は7年前の同校野球部で主将を務め、狭間監督から「人生」を学んだ1人だ。野球の技術はもちろん、戦術、データ活用、日常生活のあり方から礼儀まで。全て、監督自身が実行していたから、頭に深く刻まれている。

 打撃練習で不甲斐ない打球が続くと選手からバットを取り上げ、手本を見せる。真冬で木製バット。入念な準備で臨んでもつらい状況だが、グラウンドコートを投げ捨てて、「こうや!」とファーストスイングから快音を鳴らしてみせた姿を忘れることはない。

 走塁練習に活気がないと、監督自らヘッドスライディング。泥だらけで走塁の重要性を説かれたこともあった。ノックで手本を見せるのは日常茶飯事で、キャッチボール、ボール回しなど基礎が甘いと特に時間をかけて指導された。当時の監督は50歳手前だ。

 ミーティングは圧巻だ。各大会、各球場に「データ班」を派遣していて、大会前には県内全チームの映像がそろう。それだけじゃない。選手が初めて見る時には、既に、全打者、投手の特徴をインプット済みだ。データを元にベンチから1球1球、指示を出す。あれで何本、安打が増えたか。被安打がどれだけ減ったことか。時には、仕草から性格を読み取り、作戦を組み立てることもあるのだ。

 そこまで野球にかける指導者は他にいるか?根拠は無いが、「狭間監督が日本一」と言い切れる。監督が就任直後の明石商は、「甲子園」などと口にできる状況ではなかったという。ランニングに向かったはずの選手が部室でカップラーメンを食べていたり。グラウンドは雑草まみれ。だぼだぼのユニフォーム。「野球を教える以前の問題」と衝撃を受けたそうだ。そんな弱小高を鍛え上げ、16年に春の選抜出場。そして今年、夏の甲子園初出場に導いた。

 監督の指導を受けた私は「努力」とか、「覚悟」とか、「熱意」という言葉を、軽々しく使わないようにしている。そして、生半可な気持ちで口にする人間を見ると虫ずが走る。汗と涙、時には”血の臭い”がする監督の『本当の努力』を知っているからだ。ほかのOB達も同じだろう。だからこそ、優勝が決まった時のガッツポーズを見た私たちは、震え、涙した。

 4度目の決勝戦でやっと勝ち、インタビューに臨んだ狭間監督は、こう言った。

 「(スタンドに手を向けて)ここに、応援してくれている選手がいる。(全部員)129人。こいつらが本当に、助けてくれて、勝つことができました。そして、ここにいる(ベンチメンバーの)20人。ほんまによう頑張った。ありがとう!十何年前から、“甲子園に行きたい”と思ってやってきた先輩達の思いが、今、やっと実を結ぶことができた。本当にありがとう!」

 真っ先に応援団へ感謝を述べ、ベンチメンバー、最後はOB達への言葉も忘れなかった。前述した、相手チームを偵察する「データ班」にはベンチ入りできなかった3年生が選ばれることもある。試合前日ミーティングの最後には、決まって、「あいつらが暑い中(映像を)撮ってくれたんや。負けるわけにはいかんぞ」と締めた。本気で指導し、本気で勝利を求め、本気で感謝する。それが私たちの恩師だ。

 「人は、批判されてやっと一人前や」。監督のこの言葉を、私は人生の指針にしている。何かを成し遂げようとする者に対し、妬み、ひがみは付きものだ。現に、狭間監督へ否定的な意見もあると聞いた事がある。だが、そんなものは「嫉妬」に過ぎない。結果で黙らせれば、その何百倍もの共感を得るのだ。

 そんな「狭間イズム」を胸に刻む私は、全ての時間で、人生の糧になるよう行動すると決めている。意味の無い休日は絶対に過ごさない。否定的な目を向けてくる人間が現れれば、「一人前に近づいた」とさらに頑張れる。これが、監督に教わった生き方だ。

 選手と同等、いや、それ以上に、闘志を前面に出して戦う狭間監督の姿を、夏の甲子園で見られる。私たちOBは、すでに興奮している。


巻木 周平

 

元をたどる

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 7月23日(月)22時54分37秒
  元をたどることを忘れてはいけない。それがホントの感謝。それを忘れて、『自分に力がある』なんて思うと痛い目に遭うんです。

佐々木洋
 

燠火

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 7月23日(月)22時03分16秒
  心の燠火を。  

聞かせてくれ

 投稿者:せいしろお  投稿日:2018年 7月 4日(水)07時22分21秒
  最初のミーティングで

俺は世界を知らない。意見を聞かせてくれ。

西野朗
 

レンタル掲示板
/38