teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7月19日(水)の定例作業報告

 投稿者:東 紘  投稿日:2017年 7月20日(木)22時36分30秒
  参加者   島村、志賀、猪又、東 (敬称略)

前日は雷鳴がとどろき、豪雨がやってきたにも拘らず、雑木林は何もなかった
ようなただずまいである。いい塩梅のお湿りであったのかもしれない。

1 絶滅危惧種のK草は、カラムシとよく似た葉をしているので草刈りをすると、
誤って切ってしまうことが多い。
今日はこのリスクを取り除くために、志賀さんは名札を作ってやってきた。
葉の匂いを頼りに他の草を取り除いて目印のポールに名札をぶら下げた。

2 中の池のヤマアカガエルのオタマは手足が伸びてきて、元気に泳いでいる。
モニ1000植物相調査ではヤブミョウガとミョウガが併存していた。(葉がよく似て
いるがヤブミョウガはツユクサの仲間で、ミョウガはショウガの仲間だそうである。)

明るい場所ではコヒルガオが沢山咲いていたし、橋のたもとの日陰にはタシロランが
あった。

3 ミカンとミニトマトの実が出来ており、皇帝ダリアとヨウシュヤマゴボウが大きく
成長している。畑のサトイモは雑草に負けず、大きく成長した。

4 昆虫大好き人間の猪又さんはシオカラトンボ、カマキリの幼虫、クズの花にあった
ウラギンシジミの卵等を発見しては我々に教えてくれる。
普段の作業とは異なった眼で探し出してくれるので結構楽しい。


 
 

7月7日(金)の定例作業報告

 投稿者:東 紘  投稿日:2017年 7月 8日(土)22時42分31秒
  参加者   島村、前橋、亀岡、佐囲東、東(敬称略)

本日は七夕の日である。梅雨があがったという情報はまだないが、天気は良く、
真夏のようである。

1 鳥獣保護員の亀岡さんがひょっこり訪ねてきた。この雑木林を含む一帯は
鳥獣保護区になっているから腕章をつけて活動をされている。

2 10個所の定点地で四半期毎に一定の報告に向けてその風景を記録している。
変化のないところとグーと変化をしたところがある。それは木を切ったりした結果の
状況や植生の推移.成長を映し出しているものである。前橋さんの苦心の作である。

3 佐囲東さんは自宅で飼っているメダカを持ってきてくれた。
それは白いメダカで一同の眼を引き付けることになり、色彩変異種は値が付くと
下衆の話題になった。

4 夏草は日々に成長してくるのだが、春から1回も草刈りをしていないところでは
道もわからない程になっている。取りあえず人間が通れる幅を確保したいと
懸命の作業が続いた。
途中の池にはヤマアカガエルのオタマジャクシが元気に泳いでいた。
まだ手足が出ていないようだ。。。


 

6月24日の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 6月25日(日)12時05分13秒
  参加者   島村、猪又、東(敬称略)

6月21日(水)のモニ1000植物相調査は雨の為できなくなったので、晴れ間を見繕って
本日、その調査作業に限定して実施した。

1 ウバユリは蕾を持ち始めた。ムラサキニガナはスーと立ち、1mの背がある。
二俣川のこども自然公園で拾ったコナラのドングリ10個のうち2個はしっかりと
若葉をつけている。

2 中村(僚)さんから戴いて植えてあったビヨウヤナギは陽が入る方向の樹木を
切り倒して陽当たりを良くした成果が出て沢山の黄色い花をつけている。

3 虫好きの猪又さんからヤブカラシの花の色について、鮮やかなオレンジ色のそれには
蜜があるが、ピンクは既に蜜がなくなったという情報を虫たちに送っているという説明が
あった。その他、アカボシゴマダラの幼虫や、人の顔をしたパンダ虫のラミーカマキリを
見ることができた。

4 6月は梅雨で予定していた日程(6/21,6/25)を消化することができなかった。
それは例年のことでもあるので、予め14日(水)に児玉さんと2人で、畑の小屋の
修理作業やシイタケ栽培をしているところに架かる渡し板の取り換え作業を行って
おいたことは正解であった。

          
 

6月2日(金)の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 6月 3日(土)21時39分42秒
  参加者   島村、池田、東(敬称略)

1 ロープを張った後、チェンソーを使って池田さんは3本の木を切り倒した。
雑木林の中間の位置に扇状型に草地を作り、明るい空間を作る試みが
続いている。

2 背中にしょい込む形の草刈り機を使用して、広場の草刈りをした。
入り口付近は外部から侵入したトキワツユクサが白い綺麗な花をつけている。
しかしながら、この植物は悪者外来種の代表者の1つに挙げられている。
繁殖力が強くて地面に接する節からは不定根をだし、常緑である。

3 赤ーオニシバリの実、ニワトコの実
  白ードクダミの花、トキワツユクサの花
  青緑ーヤマアジサイの花、梅の実、ミカンの実、モモの実
植物の種類は春に比べて少なくなったが、落ち着いたコントラストの利いた色が
配置の妙にある。

4 モニ1000の観察路には野生化した大きなビワの木が5~6本ある。
そこは日当たりが良いのでビワの実が鈴なりに出来ていることを先の観察時に
発見した。
自宅から長柄のついた鎌を持ってきた島村さんは、少し早目であるが実をいくつか
採取して参加者に配ってくれた。



 

5月28日(日)の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 5月29日(月)23時40分20秒
  参加者    島村、佐囲東、井本、中村、滝澤、東(敬称略)

1 雑草(そんな名の植物はありませんと怒られるかも)が勢い良く成長して
観察路や畑等を占拠してきたので困っていた。
それを見かねて?若い方々(井本さん、中村さん、滝澤さん)がやってきてくれ、
一心不乱に作業をしてくれた。

2 2個の草刈り機のうち1個はすぐに順調にエンジンがかかり、防災面フェイスガード
をかぶって早速作業を始めた。
自動車専用道路の路肩、約120mを井本、中村で交代しながら行い、途中で
女性の滝澤さんもトライした。午後は雑木林の中もやってくれたので大助かりである。
上手に機械を使うと短時間で見違えるような風景になるので感謝である。

3 佐囲東さんはなくなった奥様が大事にしていたミッキーマウスツリーの実から
成長した苗木を持ってきてくれたので、佐囲東ゾーンの近くに植えた。

4 メダカ、ヤマアカガエルのオタマジャクシは元気である。
カグアジサイはまだだがヤマアジサイが青い小さな花をつけ始めたので、その辺りは
華やかである。
この雑木林の自慢の一つであるサイハイランは終わりに近いが、その中にあって
島村さんはナルコランが咲いているのを見つけ出した。

   
 

この花な~に

 投稿者:三宅修次  投稿日:2017年 5月19日(金)22時07分43秒
  雑木林に伺うたび皆さんの植物に対する博学に感心しております。それで、ヒメジョオン,ハルジョオンは単なる打ち違いと思いますが、ヒメジョオン,ハルジオンと正確に記載した方がよろしいかと。ふつうハルジオン、ヒメジオンとジオンをそろえて記載することが多いようですがヒメジョオンが日本に入ってきたとき、ヒメジオンという在来種がすでにあったためヒメジョオンにしたということを何かで読んだ記憶があります。本当にヒメジオンという在来種はあるのでしょうか。教えてください。  

5月17日(水)の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 5月18日(木)22時56分31秒
  参加者   島村、武藤、猪又、志賀、東(敬称略)

1 春、本番を迎えた自動車専用道路の路肩では家の庭から逃げ出した
ジャスミンが壁づたいに広がって甘い香りと花をつけ始めた。
また、ジャケツイバラもこんもりと黄色の花をつけている。

2 雑木林の中ではサイハイラン(花序を戦場で軍勢を率いる際に用いた
采配の道具に見立てた)が固まって咲いている。ここは適地らしく、
サイハイラン通りと読んでいる道筋もある。
(葉は1枚しかなく、光合成+菌根菌で生きている不思議な植物である)

3 中の池で初めてヤマアカガエルのオタマジャクシに出会った。
数は50~60匹で、身長は2cm~3cm  程である。集団で盛んに動き回っている。
この池は日当たりが良くなくて生物的環境は劣悪だと思っていたので、
良く生きていてくれたと頬づりをしたくなる。

4 モニ1000の植物相調査ではトウバナ、ナルコユリ、ヒメジョオン、ハルジョオン、
等の花が咲き、明るいところではドクダミの花も見られた。
ミニトマトも3個の青い実をつけ始めたし、2本のミカンの木には例年と比べて
沢山のお花が咲いている。今年の収穫は期待できそうである。

                
 

5月5日(金)の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 5月 6日(土)21時00分24秒
  参加者  島村、池田、井上、山口、東(敬称略)

子供の日の祝日にも拘らず、ご参加いただきありがとうございました。

1 池田さんは足が痛いといいながらも、友達からもらった草刈り機を肩に架けて
やってきてくれた。
雑木林に至る道の広場で、燃料を入れて試運転をしてみると、まもなく、エンジンが
かかり回転音があたり一面に展開した。

2 耕作主が亡くなって放棄された畑に立ち寄り、主の植えた柿の木に絡みついた
ツタ等のツル植物を初参加の山口さんと取り除く作業をした。
適切な手入れをすれば秋には実りが待っていると期待している。

3 アザレアと平戸ツツジ、そしてアヤメが満開である。落葉低木とはいえ、大きく
成長したヤブデマリは枝を横に張り出し、白い花(周りが装飾花で中のつぶつぶが
本当の花)を一杯につけていて、遠くからでもすぐわかる。
サイハイラン、エビネが蕾や花をつけ始めた。特にこの雑木林ではサイハイランが
適地らしく、ところどころに見られる。

4 雑木林の道すがらで、井上さんはチョウを追いかけ、クロアゲハ、ムラサキシジミ、
ヤマトシジミ、コミスジ、を写真に捕らえた。

             
 

4月23日(日)の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 4月24日(月)21時19分31秒
  参加者  島村、佐囲東、鷹取山自然観察会会員6名、東(敬称略)

1 佐囲東さんとせっせと南向き斜面のビオトープの草取りをする。
ここは小高い丘で太陽の光を一杯に受けるので、うっかりするとすぐに
草で埋まる。草の中から蕾のついた芍薬やチューリップが現れた。

2 平戸ツツジが咲きだした。サクラソウが見事に咲いたので記念として
Facebook に写真を投稿した。

3 南向き斜面と畑の真ん中にある雨水路まで新しい観察路をつくる
計画をした。
午後からはそれを実行に移すため、佐囲東さんとツルハシとスコップを
持ち出して汗をかきながら作業をした。

4 近くの鷹取山で自然観察会をしている会のメンバーが島村さんの
案内でやってきた。このメンバーは動植物に関する知識が豊富なベテラン
揃いだ。同じモニ1000の登録団体でもあるのでお互いに手を携えてやって
いけたらと思う。


 

4月19日(水)の定例作業報告

 投稿者:東  紘  投稿日:2017年 4月20日(木)22時16分45秒
  参加者   島村、武藤、志賀、猪又、亀岡、東

1 前々日の風雨でサクラはすっかり散ってしまい、花弁は地面にシールの
ように張り付いていた。
本日は初夏のような気温で、雑木林は春本番であった。ウラシマソウ、ナズナ、
カラスノエンドウ、ハルジョオン、オニタビラコ、コハコベ等々が満開であり、
広場ではニリンソウとシャガが王様であった。

2 ニホンサクラソウがあっちこっちでかたまって咲いている。1年毎に苗を植える
場所を替えてきたので、その定着状況がよくわかる。
赤色の派手な花をつけているハナズオウ、イモカタバミ、黄色のヤマブキ、そして
下に垂れた花をつけるホウチャクソウと多士済々が土俵に登ってきた。

3 雑木林の畑は周囲の樹木の影響で日射時間がやや少なく、保水性がいいので
それに適した作物を作ることにしている。そこで、サトイモの種イモと種ショウがを
園芸店で購入して持ってきた。
畑作を現にやっている武藤さんと志賀さんが音頭を取ってくれて、早速、土を耕し、
肥料を施す作業を始め、瞬く間に植え付け作業は完了した。
ありがとうございました。

4 恒例のモニ1000植物相調査を行った。
途中で、数年前に植えたハナイカダに出会った。よく見ると葉っぱの上に花が
咲いているのが見えたのでうれしくなる。
ハイキング道路では青紫色で衆目を引き付ける花を持つホタルカズラに始めてあった。

沢山の植物が芽を出してきたので観察対象が急に増加した。
このことはうれしいことだが、大変つかれた。

  
 

レンタル掲示板
/31