teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 『MY WAY』チラシ、どう思う?(1)
  2. 「面会札制度、どう思う?」(10)
  3. 私、め組のここが好きっo(^-^*)oo(*^-^)o♪♪(3)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あれ??

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年11月21日(月)18時01分18秒
  しまった、更新をサボりまくっていたら、画像アップの方法が分からなくなってしまった(>_<)。

えーと。
11月からめでたく職場復帰しまして。
で、早々に風邪を引くわ、通勤3~4日で右足を傷つけるわ(>_<)。
まぁ、片足松葉で社内も車椅子を使わずにいたら、当たり前っちゃ当たり前なのかもだけど。
しかし、こんなに早々に足がやられるとはなぁ……。
さすがに妄想であれこれ書いてた時は「ここまで靴を履くのが足にマズい」とは、夢にも思わなかったよ/爆。

うん、実際1日中靴を履き続けることなんて、ほぼなかったからね←え?/爆。

そうこうしている間に、11月も中旬に入り。
今週はSPIRAL  MOON『荒野ではない』の初日!!
今回のSPIRALには、3年振りに野村さんが出演するし。
…両足松葉でも何でも、たとえ回数が少なくても、行くぞっっ。

━━うん、諦めてません(^_^;)。

でもまずは、この咳を早くなんとかしなくては……(>_<)。
 
 

さて、久々に。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 8月17日(水)22時34分50秒
  ん~、、、スマホでの画面に今更違和感が(^_^;)。
爆裂をclosedにしたのは、まだガラケーの頃だったからなぁ。
暫く閉じていたのは、ただもうひたすらメンタルを守るため。
このまま閉じちゃおうかとも思ったんだけどね、せれでもいつみはめ組が好きなので。
しょーもない一部の人のために、閉じちゃうのは不本意だし、━━FBの方では、変わらず色々書いていたけどね。

とりあえずね。
いつみを個体識別してるんなら、どうぞ直接言ってきて。

さて、そんなこんなで『岡田以蔵』。
『あしたのジョー』観劇時に、いつみは合馬先生に
「今回『あしたのジョー』を観て、たった1つ良かったことがあります。私は、合馬先生の書くお話がすきなんですっ」
と、愛の告白(笑)をしてあったので、『岡田以蔵』はホントに楽しみだったのだ。
誰がどの役か━━そもそも、Wキャストだってのも知らない状態で「このキャストで観たいっ」ってのを載せたりしたんだけど。
基本大元の以蔵が、動いたからなぁ(^_^;)←絶対手放さないと思ったのに/笑。
キャスト発表で、ついガッツポーズしちゃったのが、洋平くん@高田又四郎。
実は、『ひとり忠臣蔵』の時に、ちょこっとそんな話をしてたんだよね、いつみ。……うん、洋平くん自身に/爆。

で。
感想は随時書いていくとして、まずはアウトラインのあれこれを。

め組にしては珍しく、あちこち変更部分がありました!
良かった点としては、靴箱!
今までは、ビニール袋に入れて持って入っていたでしょ?
それを、今回は階段の踊り場に靴箱を用意してくれてあって。
客席内でのガサゴソ音は多少でも軽減されるし、これはすごく良かったなぁ>^_^<♪
あと、客席! 桟敷が1列、パイプ椅子が3列━━かな?
それが、ちゃんと段差付き! これは、会場作り大変だったと思うけど、すっっっごい観やすかったんだと思う!
……いや、それでも桟敷かパイプ椅子1列目にしか座らなかったけど(^_^;)。

カーテンコールに写真OKなのは、『ひとり忠臣蔵』の時と同じく。
でもっ、今回のガーンは、ただ『並んで挨拶』ってんじゃなく、軽くシーン再現状態\(^o^)/♪
ただまぁ、初日&2日目のカーテンコールは、早々に「待った」がかかっちゃったみたいだけどね。
残念ではあるけど、…でもまぁ、「写真アップOK」ともなると、あまり印象が変わる写真はマズいのかな、と。
大楽では、まさかの1シーン再現なんかもあったり←これは、また改めて。

「ん~(-_-;)」だったのは。
「開場までは来るな」令は今回も健在だったけど。
それを開場10分前に貼り出しても、遅くないか?
どこの舞台でも、自由席だったらもっと前から観客は会場前に来てるだろうに。
それって結局、そのルールを知ってる人だけが損するの? それは違うんじゃない?
三々五々、うろうろしてたりデカい声で喋ってたりするから近隣の迷惑になるんであってさ。
近隣トラブルではものすごく目を光らせている中野トライアングルだって、『時間まで来るな』なんてバカなことは言わないよ?
ただまぁ、「開場まで上がれません」ってのが貼ってあったのは良かったと思う。
どちら様か知らないけど、時間まで外で並んでいる人を横目に、堂々と「もういいのかな」っつって、上がっていっちゃう人が、過去何人もいたしね。

ってか。
これを言って「怖い」とか言われてもさ。当たり前のことちゃう??
明らかに一般常識と逸脱してるようなことをしていたら、アカンやろ?
本来なら、それやこれやをきちんと管理整列させるのが、スタッフの役割ってヤツでね?

でも。
開場案内から受付、客席案内etc、自分達でよくやっていたと思うよ。うん。
後は舞台感想にも絡む話━━あ、違う、写真!!
あの場所だと暗くて見えないよー!←え? 目の悪いおばちゃんいつみだから?/爆。

アウトライン的には、そんな感じかなー。
概ね、良かったんじゃないかな、と思うですよ。
途中「ごめん、あのさ」とお願いした件(これはまた後で)は、次の回ではきちんと変えてくれてあったし。
それもまた、ありがたいな、と。

ってことで、続くっっ。
 

ちなみに。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 3月21日(月)21時51分18秒
  勿論、今日も『左手の相棒』は一緒です。

上手いよ、いつみ/笑。
 

『改訂版ひとり忠臣蔵』!

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 3月21日(月)21時50分18秒
  今日の舞台は。

初演観てる人も、観てない人も。
観てほしいなー、って思う。
勿論、合馬先生のお話が大好きな人にも観てほしい。

『殺陣』って意味では、すごく少なめ──そもそも、初演って、殺陣あったっけ?
↑って位に、初演は『静』のイメージが強い舞台だったのだ。

初演に出演しているのは乙矢くん1人。
後のメンバーは全員今回が──ってか、話を聞いたら菅原くんや馬場くんとかは
在籍はしていても学校上演中で、観られなかったのだそう。

でも、それが逆に良かったのかな。

今回のこのお話には、すごくこのメンバーが合っていると思ったし。
会場もね、「もっと広い会場で観たかったな」ともすごく思うけど、でも。
同時に「あぁ、『この場所』は、すごく似合ってるな」とも思う。

奈緒ちゃんと久美子ちゃんは、細かい表情がホントにお見事!
思ってることが、まんまト書きで書けちゃいそうな勢いの見事っぷり。
清水さんは、さすがに安定と信頼の確かな演技。
初演は酒井さんの役だからね、下手な人には任せられないもんっ。
『芳一』が初舞台だった梅郷さんは、結構重要な役を丁寧に演じてました♪
↑うん、今回いつみがご指名したのはこの4人だったのだ(~_~;)。
いやでも、他の人も皆、それぞれ似合ってました♪

日曜昼は完売だけど、平日は狙い目かも。
次代のめ組を担っていく役者さんのお芝居を、皆様ぜひっっ!
 

えーとですね。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 3月20日(日)19時50分36秒
  まず、爆裂は「無題」も「匿名」も禁止なので、下記事は削除します。
↑これ、何度も言ってますからね?

他サイトでの話題を引っ張ってくるのもいつみは好きではないので。
ってか、め組の話題ならめ組に言えば?

 

本番まであと少し!

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 3月18日(金)20時47分6秒
  『改訂版 ひとり忠臣蔵』初日までは、もうあと僅か。
追加公演が決まったりアフタートークがあったり。
スペシャル公演として『杜子春』公演があったり、その回のチケットで、
その日の夜の部が割引になったり。


うん、色々企画してるねー。


と、少々遠い眼差しを送っている、いつみです。

あ、いや、日曜夜の追加公演はありがたく追加させてもらいましたさ。
元々今回は初楽の3回のみの予定で──土曜は『真田幸村』が入ってるし、
24日は通院のあと、ちょっと別用事をいれてあるので(~_~;)。

──そう、『別用事を、入れて』しまえているのだ、今のいつみは。

だから、こそ。
今回の舞台、皆様には頑張ってほしいと、心の底から思うですよ。はい。
 

『定価値段』なんて、ない。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 3月 5日(土)11時15分36秒
  昨日、友人からメールが届いて。
「歌舞伎座って、なんであんなに高いの~っ?」と、言ってきた。
歌舞伎座。…はて? なんだろう、滝沢歌舞伎??←彼女はジャニーズファン。


「歌舞伎は高いよー。新感線も、今は5桁が当たり前になっちゃったしね。
チケット代って、正直ピンキリだからなぁ。内容がそれだけのものなら納得するけど。
そもそもチケットって『定価』がないからねぇ。
スタッフや携わる人が増えれば、その分上がっちゃうよね。」

なんて返信をした。

チケットには、定価がない。
いや、「その舞台」としての定価はあるけれど。
「この劇場ならいくら」とか「この位の収容人数ならいくら」、とか。
そういう意味での「定価」はない。

強いて言えば──「相場」?
「この劇団なら、大体いつもこの位のチケット代」とか、…初めて行く劇団なら
「この会場を使ってる劇団はこの位の金額」位の把握の仕方で。


で。
5月の『あしたのジョー』はすみだパークスタジオ倉での上演。
いつみ、ここはお初なのですよ。お初なのだけど。
…「観に行きたいなぁ」と毎回思っている劇団がここを使っていて。
で、その値段を把握しているので、今回のめ組の金額には正直「高っっ」。

こりっちで会場検索してみたら、確かに6000円、なんて金額のところもあったから、
このめ組の金額も、会場ではなく「め組値段」なのかもしれない。
…まぁ、め組として考えたら、ない金額じゃないだろうし。
おまけに今回は原作付き。め組単独の舞台ではなく、「外」との諸々が絡むとなれば
その分金額は上がっていくのかもしれないし。

──ホントのところは知らないよ? いつみ、劇団には関わったことのない素人だもん。

ただ、でも。
上演演目が『あしたのジョー』で、その値段がこの金額。
…って思うと、いつみの個人的金銭感覚に因る感想としては「高っっ」なのだ。


さて。
ここでは直接今回のチケット代を明記せずに書いてますが。

皆様、いくらまでなら「適正価格」として考える?
 

そして『あしたのジョー』。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 3月 5日(土)10時22分10秒
  全然書いてなかったけど。

3月1日に、め組からメルマガが到着しました。
HPの方にもアップされていたので、情報解禁が3月からだったのかな?


出演者とかタイムスケジュール、発売開始日etc。
告知内容を見て驚いたのは、──え? 出演者これだけ??

『ひとり忠臣蔵』がアトリエの割に人数多めだったから、それに比べると
意外な位にコンパクトっていうか。
『あしたのジョー』のイメージで勝手に「酒井さんは出るだろうなー」なんて
思っていたんだけど、名前がなかったなぁ。菊川さんやつっちーの名前が
あったのは嬉しかったけど。

そして。
…えぇ、ホントにいつみ、『あしたのジョー』は行かない方向で考えていたんだけど。

『いた』──過去形。

・・・行くよ、行きますよっ、だって野村さんが出演するんだもんっっ(T-T)。

金曜は、もう大阪のチケットを取っちゃってあるから←金曜にお休み取って、
木曜のうちに移動して前泊。
金曜に観劇してもう1泊してから土曜に新幹線で移動するか、舞台観劇後に
夜行バスで移動するか──って感じで。

どっちも諦めたくないんだもん。
これは、
『野村さんに匹敵する位、大好きな劇団ができた』
って言うべきなのか
『どんなに大好きな劇団でも、野村さんの存在だけで東京に引き戻される』
って言うべきなのか。

…そうだなぁ。
『あしたのジョー』じゃなくて、がっつり合馬先生のお話で、確実にいつみが
好きなお話だったら。…そしたら、
『いつみんち⇒東京⇒大阪⇒東京⇒帰宅』
って、無茶てんこ盛りツアーを繰り広げちゃっただろうけど。

ってことで。
今回いつみは『あしたのジョー』は土日のみ、です!

皆様、いつ観に行かれますか?
 

『NOVA朗読会』!!

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 2月21日(日)22時02分36秒
  さて、今日は野村さんとSPIRALの秋葉さんによる新ユニット『NOVA朗読会vol.1』!
今回は劇小横のギャラリーを使っての開催。11時13時という、なかなか変則的な時間(~_~;)。
初回は10時30分位に到着して。微妙に雨が降っていたのもあって、早めに開場
していただけました☆

今回は森本薫さんの作品の朗読。森本薫さん──は、確か『女の一生』の作者さん。
ってことは、近代文学? えーと、岸田國士さんとか、その辺りの感じ?
演目は「薔薇」「記念」と分かっていたのだけど、敢えて内容は調べずに。

受付も野村さんと秋葉さん。
ってか、朗読が始まったらどうするんだろう?
と思っていたら、扉のところに『上演中はお静かにお入りいただき~~』等の
諸注意が貼ってあって。
エアコンとかで、SPIRALでお馴染みの河嶋さんがお手伝いしてたけど、
基本的には2人のみ。うわぁ、大変そう(>_<)。

『大変そう』って言えば、野村さんのブログにも秋葉さんのツイッターにも
「お稽古が大変」的なことが書いてあって。
ただ、「大変」ではあっても、とても充実したお稽古な感じが読み取れたので、
出来上がり自体は何も心配していなかったのだけど。

『薔薇』は30分、『記念』は10分程の短編で。
朗読、とは言っても、『薔薇』の登場人物は4人──だけじゃなく、途中で
何年か前のシーンにもなったり。

…うわぁ、これは大変そう(>_<)。

いつみ、中学の時に人形劇部だったのだ←演劇部がない中学だった。
で、「本読みの練習でぇす♪」との名目で漫画を持ち込んで、そのアテレコを
していたのだけど、なんだかんだと複数役+効果音まで担当──を、短大辺りまで
趣味でやっていたのだ(~_~;)。
だから、『声だけで表現』ってのはすごく難しいと思うのだけど、さすがに
2人とも表現のプロ! ちゃんと引き込まれる内容でした♪

今回の2作品は。
『現代のお話』と比べると、言葉遣いやちょっとした表現が違っていて。
だけど、その中で描かれている──登場してくる人達の『想い』は、今と
何ら変わるものではなく。

うん、『誰かが、誰かを想う気持ち』は今でもちょっと前でも──きっと、
ずっと前であっても。同じなんだよなぁ…。

2作とも「ハッピーエンド」じゃない辺りが、すごくつらいなぁ。
特に、『記念』の方は。
“どんなにお互いがお互いを想っていても、それでも結ばれない場合もある”
ってね、ちょっとそんな言葉を思い出してしまった。

お話としては全然違うんだけど、『大人の話』具合が、浅野次郎さんの
『見知らぬ妻へ』を思い出したり。

いや、『大人』っつっても、今回の登場人物って、きっといつみより年齢設定は
年下だと思うんだけどさ(~_~;)。

いつみは2回観たのだけど、…ん~、もう何回か観たかったなぁ。
(朗読を「観る」って表現して良いのかどうか分からないけど)

NOVA朗読会、今後も継続するとのことです!
皆様、次回はぜひ体感してみてくださいませ~o(^-^)o☆
 

これをここに書いても。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 2月20日(土)22時55分12秒
  伝わらないとは思うんだけどさ。

この先いつみが、一定期間フォローを外したり、友達申請してるのを解除したり、って
場合があるかもなのですが、──まぁ、一応理由はちゃんとあって。

基本的にはわざわざ解除したりってのはしたくないのだけど。

「もう満席かもしれないけど」なんていい加減な言葉を目にしたくないので。

例えば今回なら、…そうだな、2月末位までを目処に一時解除、とか。


その位、今回のことはホントに納得してないし、呆れてる。
…うん、「もう『あしたのジョー』は全部切っちゃおうかな」と、本気で
思ってる程度には。

ってか。
逆に、もう少し早ければ、大阪の舞台が早割の時期だったのに、惜しいっ←ヲイ。
 

どう書いたら良いものやら。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 2月19日(金)21時54分45秒
  えーとですね。

昨夜見つけた──そして、それを今日の予約開始ぎりぎりになって公式発表、
更に『※ご予約は各役者のSNSなどのメッセージで受付しております。』を
目にするに至って。

なんかもう、ホントに
「どーでもいいわ」
感が拭い去れない──もし明日がFC更新の最終日だったら、いつみはきっと
にっこり笑いながら
「うん、直接役者と連絡取れる人達だけでやってりゃいいんじゃないの?
 わざわざ一般人がFCなんてねぇ~」
って言っちゃいそう。

ただ、もしも。
もしも「それでも行きたい」って人がいて、知らん顔するのは嫌なので。


め組が、新しく企画を立ち上げるのだそうです。
主に若手さんと、他のトコの役者さんを呼んでの…トークライブ的な感じなのかな?
日程は2/27日(土)、1回きりの開催。後日ネット配信的な状態になるのだとか。
会場はYGスタジオで、『YOGINOSU』という企画──で。

会場もYGスタジオで、問い合わせ先もめ組の事務所。
なのだけれど。

今日の12時(か?『午後12時』って何時のことなのか、いつみには判りませんっ)
予約受付開始の今回のチケット、め組は一切関与してません。

【※ご予約は各役者のSNSなどのメッセージで受付しております。】

なんだってさ。


10人以上が出演するイベントで、それぞれがその開始時間からチケットを受付けて。
それ、誰がリアルタイムに予約状況を把握するの?
例えば1人が5人ずつ予約を受け付けたら、その段階で50人だよね?
どこからが満席? ってか、誰の予約が有効?

これに関してはFCだろうが何だろうが、一切関係ない訳だよね?
ってか、そもそもネット環境が整ってなかったり、SNSやってなかったり、
…ううん、やっていても、その子達をフォローしてなきゃそれまでか?
め組のFBに今日のお昼近くになってやっと記事が載って、ツイッターにも
その話題がリンクされていたけれど。
…だったら、せめてFBだけでも出演者をタグ付けしておくとか。
SNS関係がド素人のガラケーユーザーでも、その位考えつくぞっ?!


とにかくね。
言葉が悪いかもしれないけど、正直に書く。
いつみは、都合の良いとこだけ事務所に頼って、結局のところ仲良しさん達だけで
盛り上がって楽しんでしまおう、的な『大学の仲良しサークルかよ』って
集まりが大嫌い。そこに関しては、1円でもお金を払うのは嫌なのですよ。

あー、も1つ付け加えるなら。
明らかに開場を待ってる人がいるのに、平気な顔してどんどん先に入っていって、
結果誰よりも先に座席に座ってる、なんていう人やその人が加わっている団体も
プロとは認識してません。

プロならプロで、ちゃんとしなよ。


ってことなので。
少なくとも今回の内容に関して、いつみは吉祥寺に向かうつもりはありません。
ちなみにこの日、いつみは昼間は下北沢にいるので、本来だったら迷いもせずに
わくわくしながら、スタジオに向かったんだろうけどね。


ま、いいんじゃない?
身内だけで、楽しくやれれば。
 

ガラケーなんか嫌だ(T-T)。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 2月 9日(火)19時50分3秒
  理由は不明なんですが、め組HPに入れなくなってます(T-T)。
↑いや、「不明」も何も、きっとガラケーだから、なんだけど/爆。

『ひとり忠臣蔵』、千秋楽は予定枚数に達した、とのことで。
…いやだって、アトリエじゃやっぱり狭いよね~(~_~;)。

ってか。
その話、メルマガとかで流してくれればいいのにね。
↑役者さんのブログとかフェイスブックとか、皆が見てるとは限らないじゃん?


いつみは今回初楽の3回で、それ以上は増やせないけど。
…ってか。
ほら、今回って月曜(祝日)スタートじゃん?
例えば、FC限定で
『初日前日の日曜に、ゲネプロ公演』とか、やってくれたら嬉しいのになぁ。
3連休の日曜だし、アトリエ公演だし。
そーいう企画があってもいいんじゃないかなー、といつみは思うんだけど。

『観劇回数3回のみ』なんて。いつみ的には、ものっっっすごい大異変なのだ。
↑一度も観に行けなかった『LION HEART』は身動きの取れない入院中、
1回だけ観劇の『大江戸喧嘩囃子』は、入院中に頼み込んで外泊許可。
それ以外は、…入院中だろうが病休中だろうが、動ける限りは会場に向かってたのに。


…やろうよゲネ公演~、公開稽古でもいいよ~!←休めないから、土日にね。
『観たくない』訳ぢゃないんだってば~っ!!!
 

明日から。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 2月 7日(日)22時28分51秒
  『ひとり忠臣蔵』、一般販売が始まります~!

アトリエ公演だからね、普段よりも座席は少ない筈。
初演とは出演者の数も違うし、だからお話も手が入るんだろうな、と思うですよ。

レギュラーメンバーが少ないのは残念だけど。
逆に言えば、若手さん達をじっくり観る良い機会になるのかな、と。
いつみは今回初日と楽の3回のみだけど、舞台が盛況だといいな。


ってね、そんなふうに思っているこの数日。


ってかでも、一般もFCも、同じタイミングで会場入りになるのかな?
 

劇団によって、その特色は色々。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 2月 5日(金)00時41分17秒
  ──ってのは、勿論いつみもよく解ってることなので。
劇団毎の事情だってそれぞれ違うんだしね。だから「これが正解!」なんてのは
ある訳もないのだけど。


昨年末からいつみは、今まではまったく未見だった劇団を観るようになって。
正直、いろんな意味でかなりカルチャーショック。
「1日3公演」とかね、去年5月に日程を初めて見た時は「マヂすか」って思ったし。
↑ただこれ、「そこの劇団だけ」って訳でもなさそうで。
「関西系の劇団てすごいなー」と思っているのですよ。

「1日3回」もそうだけど。何に驚くって、劇団の企画が盛り沢山!
1月に入ってからだけでも。
・獅子舞&餅つき
・新年会
・劇団員2名の客演
・劇団員1名が、デパート開催のバレンタインイベント出演
・主宰者さんが、別劇団へゲスト出演
(「日替わりゲスト」がすごく多いのだ。それだけ横の繋がりがあるってことなのかな)
・4劇団による、ライブハウスでのコントバトル
・昨年舞台の上映会

とまぁ、次から次へと目白押し!
上映会はまだ今からなのだけど、ハイビジョンカメラを7~8台使っての撮影での
上映って、小劇団の規模ではかなり珍しいんじゃないのかなー、と。
実際、過去作品のDVDを見ていても、すっごい見応えのある映像だし。
↑役者さん達のブログ等を読んでいても、ここの劇団の映像へのこだわりはハンパないのだ。

そして、その上映会。
3日間開催するのだけど、日替わりでイベントはあるわ、バレンタイン時期だから
各回じゃんけんイベントで勝者10人(劇団メンバーが10人だから)に手作りチョコを
プレゼント、とか。

よくまぁ自分達だけで次々と考えてくれるなぁ、と。
あ、この上映会では、ご近所の劇団と日程がカブっていて。
コラボ企画として「両方観たらプレゼント企画」なんてのもあるのだ。


これは、…ファンは足繁く通うだろうなぁ。
いつみがあれやこれや行かないのは「行けない」からだもん。
せめて東京位の距離だったら、確実に行ってると思うし。


それをね、「やらされてる」感も「やってあげてる」感もなく──「なく」、なのか
感じさせてないだけなのか、本当のところは分からないけど。

自分達もきちんと楽しみつつ、心から観客に楽しんでもらおうってのがね、
本当にすごいなー、と。

主宰もプロデューサーも、2人ともまだ30代←役者も脚本もやっている。


【最新作が最高傑作】──そんな想いで、舞台を創っているのだとか。

…め組だって、実力は負けてないと思うのに。
──受ける印象の違いは、何なのだろう。


実力は負けてないんだからっ。
ってか、キャリアが全然違うんだからっ。

…頑張ってよ、め組。

 

『ひとり忠臣蔵』FC優先予約!

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 1月26日(火)13時32分6秒
  ──は、今日までですよ~!!

…とは言うものの。
何て言うか、「優先予約の意味、あるの?」って思ってるの、いつみだけ?

だって、自由席でしょ? 並んだ順──ってか、並んでいいのかどうかすら、
め組は分からないじゃん?
↑「自由席で並ぶな」なんてことを言った団体は、他に出会ったことがない。
「近所迷惑」なんて打ち出すのなら、そうならないように並ばせるのも、
スタッフの仕事なんじゃないの?階段に、通行用スペースを空けて1~2列に
並ばせる、ってのが、なぜそんなに難しいのか、いつみにはさっぱり分からない。
今回のDMハガキには整理券がつくのかどうか、それすら描いてなかった。
一度「そーいう形」の実例があるのなら「今回はこう」ってのは周知すべきだと
思うんだけどね、観客スキルのみ年齢と共に上がっている、素人いつみとしては。

ってか。
整理券もついてない自由席、となると。
何のための優先予約なのか、いつみにはとんと見当がつかないのですよ。
まぁ、──ひどい言い方をするなら、劇団側が安心するため?
↑枚数把握を、少しでも早くするために。優先予約のFC会員なら、よっぽどの
ことでもない限り、キャンセルなんかしないでしょ?

──とまぁ、辛口なことをばんばん書いてますが。
そんないつみは、と言うと。
押さえましたよ、発売初日──ただし、1時間以上経ってから。
その日、チケット発売開始になる舞台のチケットが、11時からだったので。
先にそちらを押さえて、ダメだったらそこに『ひとり忠臣蔵』を入れるつもり
──そう、め組の舞台が上演されている同じ時間、いつみは他の舞台を観るという
行動に出るのですよ。め組を観始めて16年目にして、初めて。
…って書くと「野村さんが出ないからでしょ?」って言われそうだけど。
いや、「そうじゃない」とは言わない。実際、最終的には「そこ」だから。
でもそれだけじゃなくてね、…ホントは今回、一度も観に行かないつもりでいのだ。
これは、「他の舞台が」とか一切関係なく。実際、年末の辺りではまだ情報が
入ってきてなくて知らなかったし。
これは、…まぁ、古参ファンの感傷とでも思ってくれれば。
それでも、SAURAIイベントで某役者さんと話をした結果
「分かった、キミのために観に行くよ」との会話に。
↑出演してる訳じゃないんだけどね(~_~;)。

でも、その後すっっっごい観たい舞台──出演している役者さんは一切知らないし、
好きな題材ではあるけれど、去年の初演はまったく行こうと思ってなかったのに。
たぶんある意味「バカですか?」って言われそうな理由のために土曜の昼夜、
いつみは池袋に。

め組は、というと。
初日昼夜、大楽1の計3回。途中、仕事を休んだりはいたしませんっ!
だから。
ぜひ出演する役者さん達には、いつみが千秋楽後に本気で悔し泣きする位の舞台を
創り上げてほしいと、心から願ってしまうのですよ。

大好きな『ひとり忠臣蔵』だから。
大好きな舞台にしてほしい。

ってね、そんなふうに思うです。
 

『ひとり忠臣蔵』の優先予約は。

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 1月19日(火)20時50分46秒
  さてさて、FC会員には優先葉書案内が届いているかと思いますが。
(届いてない方は、め組に確認してみてくださいませ~)

今回は、メールと電話での予約で、メールは日曜から、電話は月曜から。
自由席だし当日精算だから、…まぁ、日曜にメールを頑張らなくても大丈夫では
あるんだけど、でも。

「これ、メールだとどうしたらいいんだろう…?」
そう思ったいつみは、久し振りにめ組に電話。
「すみません、問い合わせです~」。
いつみが聞きたかったのは、「複数観劇の場合って、1メールでOKですか?」。
例えば初楽を観に行きたい場合、一度のメールで複数回押さえられるのか、
それとも1メール1公演として送信した方がいいのか。
「まとめてで大丈夫ですよ~」との返事だったので、安心してメール送信しちゃおう♪

ってか。
いつみ、この予約の前に、超激戦チケットの予約が待ってるんだけどさ(~_~;)。
 

謹賀新年♪

 投稿者:いつみ  投稿日:2016年 1月 1日(金)20時30分38秒
  皆様、明けましておめでとうございます~♪

ここ何年かは、め組本公演よりも、役者さんの客演に出向いた時の方が知った顔に
出会えちゃうのが、嬉しくもあり寂しくもありって感じで。
そんな中「いつみさんなら本公演に来てると思って」と言われ続けておりましたが。

──いやぁ、今年は分からないよ~?/爆。

なんたって去年のいつみは、病休に次ぐ病休。
どこまで無茶ができるのか、正直自分でも自信が目減りしている状態で。

そんな中、更に。

いやぁ、いつみここ最近、め組ばりに好きな劇団が出来てましてねぇ(~_~;)。
ってか、「好き」パターンで言えば、まさに初期のめ組状態。
役者さん1人1人を認識している訳ではまったくないのに、お話と演出と殺陣が
とにかくめっっっちゃ気に入って。

そう。直球どストライクゾーンで大好きな時代劇だったのですよ。
ツイッターやFBをご覧になられている方なら、そのハマりっぷりはご存知かと
思われますが(~_~;)。

「次も絶対観に行くっっ」──そう決意はしたけれど、実はこの劇団は東京ではなく
大阪の劇団。
勿論、め組だって、いつみにとっては大好きな劇団。…でも。

たとえば、『あしたのジョー』公演期間に、大阪でこの劇団の公演があったら。
…今のいつみは「絶対め組っ」って言う自信はない。


ちょっと、三々五々いなくなっていった皆様の気持ちを、ちょっとだけトレース
しかかっているような、今年のお正月。

願わくば、次の公演で皆様から
「何言ってんですかいつみさんっ、一緒にめ組を応援しましょうよっ」
ってお言葉をいただきたいものです…。


今年も、体調と折り合いつけながら。
無茶はしてても無理はせず、マイペースに大好きな舞台を、自分の気持ちに正直に。
想いをブレさせることがないよう、いたいと思っております!

皆様、どうぞ今年もよろしくです~♪
 

そして。

 投稿者:いつみ  投稿日:2015年12月31日(木)19時58分27秒
  野村さんのブログ・本日アップネタ~!

来年2月21日(日)、野村さんが朗読会に出演します!!
2人での朗読会(…だよね?)、お相手はSPIRAL MOONの秋葉舞滝子さん!!

開演時間については年明けの公開となるようだけど、日程は決定──なので、
皆様っ、2月21日は空けておいてね~(^^)v☆

NOVA朗読会vol.1
劇『小』劇場ギャラリーにて

作・森本薫
「記念」
「薔薇」

『vol.1』ってことは、続くのかな? わくわくわくっo(^-^)o♪♪♪
 

『SAMURAI11』ライブ!!

 投稿者:いつみ  投稿日:2015年12月31日(木)19時18分23秒
  さて、昨日のネタですが。
吉祥寺スターパインズカフェ(だったかな(~_~;)?)でSAMURAI11ライブがありました!

えー、、、。
次は平日じゃない日がいいなぁ(~_~;)。


諸事情により、続きは某所でっ←なんだよっ/爆。
 

っていうかさー!

 投稿者:いつみ  投稿日:2015年12月28日(月)16時34分8秒
  昨日書いたネタは。


公式サイトに、記載なし。

メルマガ等でFCに事前周知、なし。


それで、ツイッターやFBに先に載せる?

例えば、FCの形を取っていない劇団なら、それは「アリ」だと思う。
主な周知方法はそれのみ、ってトコだってたくさんあるしね。
でも、め組はそうじゃない。きちんと周知媒体は確立されている筈。

なのに、なぜ?

って。
違う。それだけじゃない。

「なぜ?」は、そこここに乱立し過ぎて、なんだかもう。


「大好き」は。
どこまでを『大好き』と言うのが真実なのだろう。
人が変わって、中身が変わって。
それでも『看板』が変わらなければ、それは『好きでいるべき』、もの?

モー娘。のファンで、ずっとファンでいる人達は。
何を以て『ファン』だと言うのだろう。つんくさんのプロデュース力?

歌舞伎は、名前を襲名しても『歌舞伎』の大枠と本質は変わらない。
『ワンピース』のような亜種を上演することもあるけど、ブレない部分を浸蝕したり
することはない。断じて、ない。

何をしたいのか、…どこに向かおうとしているのかも、分からない。
それに対して、「好きで居続ける」のは。

誠実、なのだろうか。それとも、──惰性?


それでも。

少なくとも、中で頑張っている人がいる。
その人がいる限り、いつみはFCを辞めるつもりはないけれど。

でも、例えば。
「その人」が出演しなくて、「えーと、…はい?」と思ってしまう舞台を上演する時に。

たとえば「この人っっ」って人がその劇団にはいなくても。
大好きで──大好きで大好きで、大っっっ好きな舞台の上演が他であったなら。

それがたとえ東京ではなく、…たとえば、大阪でもどこでも。

──いつみには、「それでもめ組を観る!」と言う自信が、まるでない。



うん、「たとえば、」が、めっちゃ具体的だね、いつみってば(~_~;)。
 

レンタル掲示板
/129