teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


2016年 謹賀新年

 投稿者:ギロロ  投稿日:2016年 1月 1日(金)00時39分41秒
  明けましておめでとうございます。
今年のフィシングショーは1月29日からです。
本年も宜しくお願い致します。
 
 

2015年謹賀新年

 投稿者:ギロロ  投稿日:2015年 1月 1日(木)21時04分21秒
  明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します。
 

2014年謹賀新年

 投稿者:ギロロ  投稿日:2014年 1月 1日(水)21時03分50秒
  旧年中はいろいろありました。
本年も宜しくお願い致します。
(ダイワのミリオネア300カゴはどうでしょうか?)
 

フィシングショー&釣果

 投稿者:ギロロ  投稿日:2013年 4月 1日(月)21時21分3秒
  フィシングショーに行ってきました。ダイワから新しくカゴ専用の竿が出る予定です。プロトタイプが参考出品されていました。ダイワの人とグリップ部分や、リールシートやいろいろ改善点を話、竿の握りや、振ったときの手の位置など写真まで撮られました。

3/26釣果、何時のも時間と何時もの場所で、ぜんぜん釣れませんでした。海水温度が低いみたいです。ひっかかる海草がとても冷たいです。ちょっと早すぎたみたいです。
 

謹賀新年

 投稿者:ギロロ  投稿日:2013年 1月 3日(木)11時47分53秒
  2013年
  謹賀新年

   旧年中はいろいろありました。
   本年も宜しくお願い致します。

   
 

マイクロロンについて

 投稿者:下田のカゴ釣り師  投稿日:2012年 9月11日(火)18時49分37秒
  マイクロロン処理について知りたいのですが、使用法とどれくらい効果があるか
教えてください。
 

(無題)

 投稿者:山ちゃん  投稿日:2012年 1月 1日(日)12時27分21秒
     管理人さん 皆さん

2012年
  謹賀新年

   旧年中はいろいろありました。
   浜ちゃん、平さん、とめさん、きのさんお世話様でした。
   本年も宜しくお願い致します。

   昨年11月末にはつかの間 アジ釣り をした感の時期がありました。
   今年は、1ポイントの爆釣を狙いたいと思います。

   管理人さん 体調はいかがですか?

   今年は同行させていただきたいと思います。




      
 

錦江湾のつり情報かごつり

 投稿者:鹿児島の釣りキチ  投稿日:2011年11月 2日(水)01時32分18秒
  遠投かご釣りおもしろいですね「最高」                             私のホームグランドは錦江湾の、ごくありふれたフェリー乗り場の防波堤です、と言っても、長さが約500メートル以上有り、沖向きの水深は竿3本先から(手前は沈みテトラ)30m近くあります。   狙いは毎回、真鯛一本ねらいです、錦江湾は真鯛の魚影が非常に濃い所で、陸からダイレクトで沖の深場を攻めれば、坊主で帰る事はあまり無いです。                          1特に2月~3月は最高な時期で、50cm~60cmクラスが多い時で5~6匹釣れる時もあります、たまに3号ハリスがあっというまにぶち切られる時も有るので油断ができません。              釣果のこつは、やはり遠投です、ポイントは70m~100m先で、毎回同じ場所に投げ、まき餌のポントを作ります、一番頭を悩ませるのがタナです、基本はタナ15ヒロでいかに探るかが問題
ロケットかごは市販で済ませていますが、浮きは自作うきです(10~15号負荷) 竿は遠投の3号竿を使っています(竿の弾力をうまく使いきれば、かなり飛びます)                 家から自転車で5分ぐらいで行ける釣り場ですが、仕事が忙しく「我輩、まだサラリーマンの身」思うように釣行できないのが悩みです。                                大阪で長年生活をして、10年前に鹿児島に戻ってきましたが、休みの日の「遠投かご釣り」気分爽快です、 100m先の波間に漂ううきが一瞬で消し込む時の快感は最高ですね。            ちぬ釣り・ふかせ釣りと、これまで色々経験をしてきましたが、遠投かご釣りが究極の釣りのような感じがします、まわりの人よりいかに遠くへ飛ばすか、飛距離130mを目標に研究中です。       これからも、50半ばを過ぎた親父ですが、竿を振り回して頑張ります。              真鯛以外にも、釣れる魚を紹介しますと、40cmクラスの大アジやイトヨリ・いさぎなど。 小あじが釣れれば、泳がせでカンパチ・マトウダイ・キロ級のアオリイカ・たまにザブトンのようなヒラメが食いついてきます、 私はしませんが底物狙いの人もおり、たまに石鯛も釣れているようです。

                                                                            
 

回答御礼

 投稿者:徹釣  投稿日:2011年 8月19日(金)22時46分12秒
  親切丁寧な回答、有難うございます。

ウキについて自分なりに考えて見ました。
自立ウキの場合ウキの先端に錘がついているので中通しが有利だと思いますが、錘とウキが離れている遠投カゴ釣の場合放物線を描く軌跡から中通しウキだと錘のベクトルとウキのベクトルが違うためウキが抵抗になると思う。
中通しで無い場合錘とウキは一直線にはならないが平行になりベクトルが同じになり抵抗が小さくなるのではないかと思います。
羽根についてはこちらでは夜釣専用なので羽根をなくし、そのかわりにウキ自体に羽根のやくめをするように細工しようと考えております。

もし、カゴとウキが一体になった中通しウキが着水と同時に分離するようなものが出来たら良く飛ぶだろうなと考えております。

http://tettyou.jimdo.com/

 

Re:基本的な質問

 投稿者:管理人(mm_bait)  投稿日:2011年 8月16日(火)10時08分29秒
  ・徹釣さん

はじめまして、投稿ありがとうございます。
ご質問の件
1.両軸リールを使用している件について
スピニングでも両軸でもどちらでも良いのですがリリースの時、両軸の方が道糸を弾かなくて済むため一日中投げていても指が痛くないことと、道糸がねじれることなく放出されるためカゴ、ウキなどの飛行体が素直に飛べ飛距離も出せることです。飛距離だけでしたらスピニングも両軸も同じ程度飛ばせると思います。
2.自立型中通しウキについて
中通しウキも当初は使って見ましたが両軸リールでの遠投カゴ釣りには適していないことが判り現在では使用していません。遠投カゴ釣りでは、カゴを先頭に仕掛けを飛ばすため、ウキ自身は引っ張られて素直にその方向に定まる軽いタイプのもので横風を受けてもできるだけ道糸をその方向に引っ張らないよう自由に交わせるものが適しています。
3.ウキの羽について
自立ウキの羽は、ウキ自身が方向性を持って安定飛行させるためのものです。したがって、ウキ自身を遠くに飛ばすためには適していますが、道糸を通す中通しウキでは方向は道糸で定まるのでむしろ羽がない方が良いのではないでしょうか?。
遠投カゴ釣りでは、カゴを遠くに飛ばしたいのでウキ自身は飛ばないでできるだけ軽い方が適しています。弓矢で言うと矢じりがカゴで軸が道糸、羽がウキに相当すると考えると判りやすいと思います。
遠投カゴ釣りでは、カゴ、道糸、ウキを一体化して一本の矢のように飛ばすイメージだと考えています。そのためにも道糸がねじれない両軸リールを使用しています。

参考にしてください。
 

レンタル掲示板
/30