投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


そうか そうですね

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年11月19日(日)14時58分53秒
  ミヒャエル エンデの『はてしない物語』の舞台になる国の名前がファンタージエンなんですが、その音数を減らしてつかいました。
そうか、これはちょっとひとりよがりっぽいですね
折立  食いはぐれなぜか空腹芋煮会        天(秋)
ナウ2   世間知らずのままに還暦         孤
    本の中の幼ごころの君訪ね
としてもいいですか? 
 

ファンタジェン

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月19日(日)11時53分32秒
  耳慣れない言葉ですが、雰囲気ありますね

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)
ナオ11  水青く黄絹の帷月皓皓           余(秋・月)
折端   ひどい頭痛に菊枕して          子(秋)
折立  食いはぐれなぜか空腹芋煮会        天(秋)
ナウ2   世間知らずのままに還暦         孤
ナウ3  ファンタジェン幼ごころの君に名を     余

次は、  春77 → 花575 → 春77 です。
 

はてしない物語

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年11月18日(土)17時27分13秒
編集済
  折立  食いはぐれなぜか空腹芋煮会        天(秋)
ナウ2   世間知らずのままに還暦         孤
    ファンタジェン幼ごころの君に名を
不孤さん おめでとうございます。
還暦は私は「reborn」と主張してまして、60歳は0歳と言い張っております――これから起きることもすべて初体験ということで(笑)。幼心も再度獲得。
 

不孤さん59歳おめでとうございます

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月18日(土)14時15分48秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)
ナオ11  水青く黄絹の帷月皓皓           余(秋・月)
折端   ひどい頭痛に菊枕して          子(秋)
折立  食いはぐれなぜか空腹芋煮会        天(秋)
ナウ2   世間知らずのままに還暦         孤

次は、 雑575 → 春77 → 花575 → 春77 です。
 

芋の煮えたも御存じない

 投稿者:不孤  投稿日:2017年11月18日(土)11時47分18秒
  世間知らずのままに還暦

先日59になりました。認知症かもと思うこの頃です。ううう…。

 

(無題)

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月17日(金)23時23分8秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)
ナオ11  水青く黄絹の帷月皓皓           余(秋・月)
折端   ひどい頭痛に菊枕して          子(秋)
折立  食いはぐれなぜか空腹芋煮会        天(秋)

次は、雑77 → 雑575 → 春77 → 花575 → 春77 です。?


次は →秋575 です。
 

山形ではロックなどの集まりにも

 投稿者:夏天  投稿日:2017年11月17日(金)06時37分55秒
編集済
  芋煮を出すのだとか、同窓会にもなんて
明日のニュースを数年前に見ました。
頭痛がおさまり、出席した同窓会で
食いはぐれてしまったなんて情景です。

ナオ11  水青く黄絹の帷月皓皓           余(秋・月)
折端?   ひどい頭痛に菊枕して ?         子 (秋)
       食いはぐれなぜか空腹芋煮会
 

菊枕=効く枕

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月15日(水)07時22分38秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)
ナオ11  水青く黄絹の帷月皓皓           余(秋・月)
折端    ひどい頭痛に菊枕して           子 (秋)

次は →秋575 です。
 

疲労子さん、ありがとうございます。

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年11月12日(日)17時21分12秒
編集済
  黄絹の帷 の読みは「きぎぬのとばり」で結構です。ただこんな言葉は知らないとおもいます。それはそうでそんなカーテンがあるかどうかはわからないですがわたしの造語です(笑)。
一方、「黄絹」は、
――黄繭からとった糸で織った薄い絹布。室町時代に中国、福建省から伝来。ほっけんつむぎ。
ということのようですが、それよりも「黄絹幼婦」のほうが有名かと。
こちらは読みが「こうけん」となります。
http://sanabo.com/words/archives/2002/11/post_820.html
この方法をパクりまして……
  玉手箱から黒髪の束
 水青く黄絹の帷月皓皓
というこの風景は「水青く黄絹」=「清絶」なりと……チャンチャン(笑)
 

きぎぬのとばり?

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月12日(日)16時43分56秒
  この言葉は知らなかった。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)
ナオ11  水青く黄絹の帷月皓皓           余(秋・月)

次は、秋→77 →秋575 です。
 

怖がりなので

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年11月11日(土)16時08分47秒
編集済
  ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)
        水青く黄絹の帷月皓皓
沢山の色を添えて賑やかにしてみました。
さらにお遊び。「黄絹」にご注目。「非常に清らかなこと」という熟語を埋め込んでみました。
わかります?
 

妖しい世界に

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月10日(金)05時42分12秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)
ナオ10   玉手箱から黒髪の束           孤(恋)

次は、月575→ 秋→77 →秋575 です。
 

乙姫はセイレーン

 投稿者:不孤  投稿日:2017年11月 9日(木)18時09分55秒
  玉手箱から黒髪の束

朗読のドラマ見てますよ。ほろ苦くも愉快な大人のファンタジー。登場人物みなステキ。
 

老いらくの恋?

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月 5日(日)22時08分43秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
ナオ9  汝が声に死せる魂蘇り           天(恋)

次は、恋77 でよろしく。
 

朗読のドラマご覧になってますか?

 投稿者:夏天  投稿日:2017年11月 5日(日)18時00分25秒
編集済
  竹ノ内豊扮する、メビウスの数学者の穂波孝が、
突然妻に離婚を迫られ、子供たちとも引き離されて
偶然のなりゆきで
朗読教室に通うようになり
コミュニケーション力を成長させていく物語です。

ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子
    汝が声に死せる魂蘇り
 

化粧の世界に座標が

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月 5日(日)08時55分18秒
  3Dプリンタとかあるわけだから、出てきて当然の発想かも知れない。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5  MCに煽られるまま汗かいて        子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
ナオ7  数式で全てのものが表せて         余
ナオ8   しみそばかすの微分積分         子

次は、恋575 → 恋77 でよろしく。
 

ブリジストンのCM

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年11月 4日(土)23時01分31秒
編集済
  おもしろいですね
https://www.youtube.com/watch?v=ok8CtsXZsS8
ナオ5    MCに煽られるまま汗かいて              子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)
    数式で全てのものが表せて
 

テレビ東京の

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年11月 1日(水)20時43分58秒
  隅田川花火の中継が話題になってたんですね。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5    MCに煽られるまま汗かいて              子(夏)
ナオ6   またずぶ濡れの花火大会         孤(夏)

次は、雑575です。
 

真麻

 投稿者:不孤  投稿日:2017年10月31日(火)06時41分47秒
  またずぶ濡れの花火大会
 

タブレットからなので

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月30日(月)06時44分50秒
  空白の量のコントロール不能状態

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天
ナオ5    MCに煽られるまま汗かいて            子

次は、 → 夏77
 

捌き遅れ気味

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月28日(土)12時01分14秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
ナオ4   ご苦労様やCM十年           天

次は、夏575 → 夏77
 

ソフトバンクのお父さん

 投稿者:夏天  投稿日:2017年10月26日(木)22時40分22秒
  ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤
          ご苦労様やCM十年
 

犬の嗅覚で

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月22日(日)21時32分23秒
  尿からガンがわかるらしいですね。驚き!

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)
ナオ3  AIより犬が頼みのガン探知        孤

次は、雑77です。      
 

あっさり

 投稿者:不孤  投稿日:2017年10月22日(日)15時26分28秒
編集済
  恋ばなれ。

AIより犬が頼みのガン探知

ガンは癌でもあり銃器でもあり。
 

ちょっとCM

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月20日(金)22時41分19秒
編集済
  調べてみると、お歯黒にも古代からの歴史がある。
それにしても苦そう。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
折立  苦かったお歯黒で草餅を食む        余(春・恋)
ナオ2   お口くちゅくちゅはじめてのキス     子(恋)

次は、恋または雑575 → 雑77 でよろしく。
 

捌き遅れ

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月20日(金)17時49分21秒
  おまけにタブレット入力がなんか変???
家に帰ってから修正します。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
    苦かったお歯黒で草餅を食む       余(春・恋)

次は、→ 恋77 です。
 

ならば恋句で

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年10月18日(水)22時59分53秒
編集済
  また食べ物ですけどウラが終わったから許して
お転婆娘も嫁入り。初めてのお歯黒……
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)
    苦かったお歯黒で草餅を食む
 

語順を整理しました

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月18日(水)05時43分6秒
  恋の呼び出しととれなくもない。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
折端   鞦韆漕ぐもくたびれもうけ        天(春)

次は、→ 春575 です。
 

骨折り損の

 投稿者:夏天  投稿日:2017年10月17日(火)22時22分5秒
  ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)
          漕ぐは鞦韆くたびれもうけ
 

匍匐前進→修験者

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月17日(火)05時19分22秒
編集済
  神木たる山桜の枝を折れば指を一本折るという厳しい掟を課した結果、吉野千本桜となったらしいです。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤
ウ11  枝一本折るを許さず山桜          子(春・花)

次は、春77 → 春575 です。
 

酔っ払い様々という風情?

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月16日(月)22時26分4秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余
ウ10   オネエ座りに匍匐前進          孤

次は、→ 花575 → 春77
 

似て非なる

 投稿者:不孤  投稿日:2017年10月16日(月)18時52分6秒
  オネエ座りに匍匐前進
 

感じとひらがな調整して

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月16日(月)05時46分19秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に打つ舌つづみ          天(冬)
ウ9  ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し        余

次は、→ 雑77 → 花575
 

治世者は無きがごとくに

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年10月15日(日)23時48分7秒
  ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に舌鼓うつ            天(冬)
    ぽんぽこと鼓腹撃壌やれ愉し

有老人、含哺鼓腹、撃壌而歌曰、
日出而作 日入而息。鑿井而飲 耕田食。帝力何有於我哉。

とある老人がいた。その老人は、口の中に食べ物をほおばり、腹鼓(はらつづみ)みをうち、足で地面をたたいて拍子を取りながら歌っていた。
「日が昇ったら仕事をし、日が沈んだら休む。井戸を掘っては水の飲み、畑を耕しては食事をする。帝の力なぞ、どうして私たちに関係があろうか、いやない。」と。
 

珍しく食べ物が

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月15日(日)08時22分16秒
  あまり出てませんでしたね。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
ウ8   鮟鱇鍋に舌鼓うつ            天(冬)

次は、雑575 → 雑77 → 花575
 

冬の食べ物

 投稿者:夏天  投稿日:2017年10月14日(土)16時02分41秒
編集済
  ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)
     鮟鱇鍋にうつ舌鼓
 

では、マントで

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月14日(土)10時20分35秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびマント掻き上げ窓の月      孤(冬・月)

次は、冬77です。
 

あ、そっか。

 投稿者:不孤  投稿日:2017年10月14日(土)06時05分39秒
  コートよりマントの方がいいね。
 

鞄ひとつ

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月12日(木)21時08分49秒
  なんか宮澤賢治の最期を思い浮かべました。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
ウ7  揺れるたびコート掻き上げ窓の月      孤(冬・月)

次は、冬77です。
 

出遅れましたが、

 投稿者:不孤  投稿日:2017年10月12日(木)18時01分40秒
  夏天さんの「ハプニングからウェディングへと」の付け句、ナイス!ですね。舞台にハプニングはつきものですがアクシデントはいけません。猿之助の左腕骨折、心配です。「年内復帰、新春歌舞伎も」の続報に「おいおい、無茶すんなよ」って。
それとはまったく関係なく…。

ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子
    揺れるたびコート掻き上げ窓の月

鞄一つで。

 

ブーフーウーの舞台は

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月12日(木)07時08分29秒
  なんとメキシコだった。
そして、最終回にオオカミは北朝鮮に帰ったとアナウンスされたらしい。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネに照らされて        余
ウ6   ブーフーウーは鞄に帰る         子

次は、 冬月575で。
 

震災の頃に比べたら

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月12日(木)05時37分36秒
編集済
  夜が明るくなってきたのかな。
ふと思ったのですが、本来は暗い夜が明るい分、どこかで何かが暗くなるというようなバランスはどうなっているのだろうか。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
折立  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ2   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ3  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ4   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
ウ5  煌々と再生エネが照らす夜         余


次は、 雑77 → 冬月575で。

 

その会場は真昼の如く

 投稿者:茶肴余  投稿日:2017年10月11日(水)22時49分18秒
編集済
  ウ4  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ5   ハプニングからウェディングへと     天(恋)
    煌々と再生エネが照らす夜    
 

ハプニング婚ですか

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月10日(火)22時11分42秒
  発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
ウ2  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ3   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ4  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
ウ5   ハプニングからウェディングへと     天(恋)

次は、雑575 → 雑77で。
 

偶然性も必然

 投稿者:夏天  投稿日:2017年10月10日(火)05時58分55秒
  ウ3   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ4  相性といふ冒険のDNA          子(恋)
     ハプニングからウェディングへと
 

孔雀の羽がでかいのは

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月 8日(日)22時58分4秒
編集済
  よくもこんな不便な体格でも生きのびてきたのをメスが評価しているんだという説を聞いたことがあります。
ほんまかいな?

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
ウ2  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天
ウ3   絵のたしなみもなくて壺振り       孤
ウ4  相性といふ冒険のDNA          子(恋)

次は、恋77です。
 

織元なのに

 投稿者:不孤  投稿日:2017年10月 8日(日)19時44分18秒
  絵のたしなみもなくて壺振り

「ぼんくら」はサイコロ賭博からきているとか。
 

最近「京都もの」が多い

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月 8日(日)16時50分37秒
  気がする。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)
ウ2  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで        天

次は、→ 雑77 → 恋575 といきましょう。
 

京都人の密かな楽しみ

 投稿者:夏天  投稿日:2017年10月 8日(日)09時08分39秒
  西陣の後継ぎ息子ぼんくらで
 

煙草の後は酔っ払ってた

 投稿者:疲労子  投稿日:2017年10月 7日(土)10時11分14秒
編集済
  みたいですね。

発句  野分して裏がへりさう核の傘      疲労子(秋)
脇    天までとどけ蟷螂の斧         不孤(秋)
第3  一心に色無き風を駆け抜けて       夏天(秋)
オ4   うっすら埃積もるロッカー      茶肴余
オ5  屋上でくゆらすタバコ夏の月        子(夏・月)
折端   下宿に何故か氷屋の旗          余(夏)

次は、雑575 → 雑77 → 恋575 といきましょう。
 

/107